ママの笑顔が一番の美味しさの素♪ とわかっていても、毎日そんな訳にはいかないのが現実(^_^;)

ママも赤ちゃんもリラックスして離乳食(幼児食)を楽しめるお手伝いが出来れば・・・そんな思いを詰め込んでいます。

旬の話やわが家の苦労話(愚痴?)もあって盛りだくさん♪ 気楽に読んでくださいね(#^.^#)

2018年11月17日土曜日

今日のお昼ご飯♫

「今日のお昼ご飯かと思った!」と言って、ツインズがモリモリ食べてたのはコレ↓
ダシ用にお腹をとってた煮干しくん達
わが家のツインズは単純なので、遊んでる横で煮干しを処理していると「なになに?」「ぼくにもやらせて~」と寄ってくる。
「食べても良いよ」と言うと、美味しそうにモシャモシャ。


にしても、これがお昼ごはんだなんて・・・・(^_^;)
確かに栄養満点ですが・・・・
わが家の日頃のおかずってどんなんだろう・・・・って思われちゃいますよねぇ。


ご飯ってのはちょっと無理がありますが、おやつにはとっても良いですよ
しっかり噛む練習にもなるし、カルシウムもたっぷり!


離乳期は、まだそのまま噛むのはしんどいので、ダシをとった後の軟らかくなった物をあげてみましょう

2018年11月10日土曜日

離乳食実習(モグモグ期)・・・ささ身デビュー♪

先日、モグモグ期さんの離乳食実習がありました(*^_^*)


ゴックン期にも参加してくださったママさん&赤ちゃん達。
お粥の粒にも挑戦してくれているので、モグモグの動きはバッチリ


ささ身は3人とも初めてでしたが、これも問題なし!
美味しくて完食してくれる赤ちゃんも(^v^)
ご機嫌さんでいただきま~す
もうすぐ8か月の赤ちゃんは、モグモグどころか、上下にしっかり口が動いていましたよ


ただ、この日、感想を書いていただくのを忘れてしまって・・・・(^_^;)


しかも、先週から風邪をひいて声がかすれてしまっていて・・・・
聞きとりにくい声だったと思います。
すみませんでした。


年に1~2回、声がカスカスになる風邪をひいてしまいます。
熱は出なくて、そこそこ元気もあるけど、声が出ない(>_<)


気温が激しく変わるこの時期、まわりにも風邪ひきさんが増えています。
大根おろしご飯を食べたり、梅シロップを飲んでみたりしてますが、今回の声がれはシツコイ(+o+)
喉の痛みにはハチミツも効果ありですが、1歳未満の赤ちゃんにはNG!


皆さんも体調管理に気をつけて、元気に過ごしましょうね!


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年10月30日火曜日

ビックリするくらい食べてくれるようになりました♪・・・離乳食個別相談

先日、離乳食の個別相談に来て下さったママさんの声です(*^_^*)


8か月の赤ちゃんは、あまり離乳食を食べてくれず、体重も増えてこない。
ふだんは母乳で、「体重を増やすためにミルクを・・・」と言われたけれど、ミルクは飲んでくれない。
どうしたら良いでしょう・・・・と相談に来てくれました。


お家での食べ方を見せてもらうと、モグモグは出来ているけど、回数は少な目。
上の子もいるので、先に赤ちゃんだけ食べさせて、ママと上の子は後からお食事。
別に準備するのも大変(>_<) とのことでした。


相談当日は、まず、人参スティックに挑戦!
最初は口にくわえて吸いついていたけど、指でちぎってあげるとしっかりお口を動かして食べてくれました(^v^)


じゃがいもツナボールも、ボーロくらいの大きさにしてあげると、自分からお口を開けて食べてくれました。
コーンフレークも、またまた大人気


この時すでに、「家での食べ方と違う!」とママは驚いてましたよ(^。^)
赤ちゃんはもうすぐ9か月だったので、もっと噛みごたえのある物が食べたい時期だったのかな?


と言うことで、お粥も軟飯や軟らかめのご飯に進めて、おかずも手づかみで食べられるような物を準備してあげましょう、とお話しました。


そして、出来れば、上の子やママと同じタイミングで食べるように。
手づかみ出来る物は、ママがお手本見せながら食べてあげるようにお話しました。


野菜をスティックにしたり、ご飯もおにぎりができるようになると、上の幼児さんとわざわざ別で作る手間も減るので、ママの負担も減ります!
手づかみで自分で食べてくれれば、食べさせなくても良いので、ママも一緒に食べられますよね(^v^)


個別相談に来ていただくと、相談日から2~3週間後に、お電話をかけさせてもらってその後の様子を教えて頂いています。
その時に、タイトルに書いた「ビックリするくらいよく食べてくれるようになりました」の嬉しいお返事をいただいたのでした~(#^.^#)
体重も増えてきたそうです。
ミルクは相変わらず飲まないそうですが、食べる量が増えて体重が増えているなら問題なし!


お電話の後、たまたま病院でお会いしたのですが、ママの顔が晴れやかで安心しました(*^_^*)
(わが家のツインズもあおい小児科かかりつけなので、時々1階の病院に出没しています)


個別相談については、ブログにあまり載せていなかったのですが、よくある悩みでとても上手く解決できたパターンだったので、ママの許可を得て、内容を載せさせていただきました。


離乳期では、モグモグ期の後半から、手づかみへと進めるタイミングも割と難しい時期だと思います。
パクッと食べやすい大きさを見極めるのは難しいのですが、赤ちゃんの食べたい固さ大きさとマッチすると、ビックリするくらい食べ方が変わってきます!


今までも、「家とは食べ方が違う!」とビックリするママさん、たくさんいらっしゃいました。


ただ、大きくし過ぎたり固すぎると、オエっとなったり、丸飲みしてしまったり・・・・
オエっとなられると、お家で挑戦するのは難しかったりしますよね。


『個別相談』と言われると何だかハードルが高そうですが、難しいことは言いませんよ(^-^)
今、どんな形態、大きさが赤ちゃんにとって食べやすいのかを一緒に見つけていく時間です。


ザックリ言うと、案外進めてあげると食べたりします・・・・なのですが、じっくり聞きたい方は、ぜひぜひ『離乳食相談』もご利用くださいね


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年10月26日金曜日

子育てギャップ・・・・おやつについて

先日、図書館で興味深い本を見つけました。
その名も『パパ・ママ⇔じいじ・ばあばの子育てギャップ これで解決』
タイトルだけでも面白そうでしょ(^m^)


時代によって子育てのおススメって違ってくるので、どうしてもギャップはありますよね。
実習や相談に来てくれているママとも、よく話題にのぼります。


この本によると、もっとも問題になりやすいのは、「抱き癖」「食べ物の口うつし」「おやつ」だそうです。


さすがに、「食べ物の口うつし」は最近あまりないような気がしますが、「抱き癖」と「おやつ」はよく聞きますよね。
特に、私の場合は、離乳食のお話の中で「おやつ」の困ったをよく耳にします。


実際に私の母も、孫に甘い乳酸菌飲料をあげたがって(^_^;)
「そんなに甘いのはまだ!」と何度、鬼になったことか・・・・
乳酸菌飲料は体に良くて、スペシャルな物だと思っているようで・・・・


でも、「あげないで!」って言うと、じいじばあばの楽しみを取ってしまうようで可哀そうですしね。


最近、離乳食実習でお話しているのは、そんな時は、「あげるならコーンフレーク(プレーン)にして」にしてみませんか?と。
栄養満点のコーンフレークなら、おやつとしてもバッチリ(^v^)


ただ、パパママ世代にも気をつけて欲しいなと思うことも・・・・
「おやつ」は離乳食が3回食になって、ミルクや母乳も減ってきた時に、3回の食事では足りない栄養を補うためのものです。


最近は、早くから食べられる市販のおやつが増えていて、3回食になる前からおやつを食べている赤ちゃんが多いような・・・・
手づかみ食べの練習として、赤ちゃん用のおせんべい等を利用することもありますが、本当に必要だからおやつをあげていますか?


しっかりお腹が空かないと、離乳食は食べてくれません。
離乳食を食べなくてお腹が空いても、後でおやつをもらえる、という習慣は、今身につくとずっと続きます。


おやつは3回食になってから。
まずは、離乳食をしっかり食べる!で進めていきましょう

2018年10月24日水曜日

離乳食実習(モグモグ期)・・・お粥は5倍がゆで!

最近、ブログの更新が遅くなってます(^_^;)
先週のモグモグ期さんの実習のご報告です。


今回参加の赤ちゃん達は、粒々には挑戦していますが、今は10倍がゆとのことだったので、5倍がゆに挑戦してもらいました♪
今回は下からパチリ
2人とも、初のささ身も上手にモグモグしてくれました(^v^)
ちょっと大きすぎ?と心配していた人参も、モグモグしてくれてママも一安心♫


今回の感想は・・・・
○ゴックン期に引き続き参加させてもらいました。前回参加したおかげで、無事に離乳食をスタートでき、最近、おかゆ単品で食べてくれなくて悩んでいたため、実際の食事の場面が非常に参考になりました。
○学んだことをどんどん活用していきたいと思います。
○どのくらいのペースで進めて良いか分からず、7か月でもドロドロの離乳食を与えていましたが、今回参加させていただいて、しっかり形がある人参も上手に食べられることが分かり、実際に、離乳食を食べることができたので良かったです。
○うどんも、もうあげて良かったり、参加していなかったら、うどんをあげるのはまだまだ先になっていたと思います。
○本当に参加して良かったです。


いつ頃からどんな食材が使えるのか、どのくらいの大きさなら良いのか・・・・悩む時期ですよね。
特に大きさについては、ゴックン期は、基本ドロドロなので実はそんなに難しくないのです。
粒々加減を調整するモグモグ期が一番の『ヤマ』だと思います。


まずは、おかゆを5倍がゆに進めましょう!
そして、粒を残すようにしていきましょう!


食材も色々試していく時期です。
おかゆ以外にも、パンがゆやうどん!
たんぱく質は、お肉はささ身から、魚は赤身もOK、卵も卵黄からでスタート!
乳製品はプレーンのヨーグルトを!
野菜類は、葉っぱものにもどんどん挑戦!


色んな食材に触れる体験が大切です。
恐がらずに、色んな食材に挑戦してあげてくださいね。


進め方が分からない時は、いつでも相談してください(#^.^#)


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年10月16日火曜日

離乳食実習(ゴックン期)・・・ママも赤ちゃんも楽しくね♪

昨日はゴックン期さんの離乳食実習でした(*^_^*)


離乳食開始前の赤ちゃんと、3日前から開始した赤ちゃん。
ママに抱っこされていただきま~す
ママの抱っこで安心して「あ~ん」
3日前から開始の赤ちゃんはひとさじでは足りないようで、おかわり


初めて離乳食を食べた赤ちゃんは、ひと口目は「何が始まるんだ?」みたいな反応でしたが、ふた口目からは自分から口を開けてパクッと!
あっという間に「パクッ」をマスター出来ました


10倍がゆのすりつぶしは、2人とも裏ごしなしでも問題なし(^u^)
ちょっと大きかった粒は、上手にお口から出してくれていました


頑張ってつぶしたつもりでも、案外、大きな粒が残ってたりしますよね(^_^;)
でも、たいていの赤ちゃんは大きな粒は、上手に口からだしてくれるので大丈夫!
大きすぎた物は、もう一度つぶしてあげればOK


大きな粒じゃなくても、ゴックンする時にお口の横の方から出てきてしまうことがありますが、それはスプーンでそっとお口に戻してあげればOKです(^u^)
ゴックンに慣れてくると、あまり出てこなくなりますよ


今回の感想は・・・・
○ゴックン期の体験で参加しましたが、とても丁寧に教えてくれて、次のモグモグ期の話も交えてしてくれて予習にもなりました。
○10倍がゆ、ダシのとり方を見て、体験できるのは助かりました。
○またモグモグ期にも参加したいと思いました。
○優しくて安心できる場でした。
○離乳食の進め方、各時期の注意点など詳しく教えていただき、勉強になりました。
○ダシの美味しさが改めて分かったので、ぜひ取り入れたいと思います。
○ただ、そんなに気負い過ぎず、私にとっても子どもにとっても食事が楽しい時間になるようにしたいです。
○また分からないことが出てきたら、相談させてください。


素敵な感想、ありがとうございます(*^_^*)


離乳食は毎日のことだし、回数も増えていくし・・・・なので、苦痛になっちゃうと大変(>_<)
早めに気軽に相談してくださいね。


前回も書きましたが、ママが楽しんでると、赤ちゃんも楽しく食べてくれます
赤ちゃんのペースも大切ですが、ママのペースも慌てず焦らずで大丈夫ですからね。


「困ったら、あおい小児科に相談に行けば良いんだから」・・・で、ゆったりと進めてあげてください。
いつでもお待ちしております(^v^)


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年10月9日火曜日

離乳食実習(モグモグ期)・・・5倍がゆに挑戦!

先週、モグモグ期さんの実習がありました(#^.^#)


今回参加の赤ちゃんは、3人とも7か月さん。
お家では10倍がゆや7倍がゆで粒を調整しながら食べているとのことでしたが、皆で5倍がゆに挑戦!


つぶし加減に気をつけながら食べさせてみると・・・・
皆、モグモグしながら上手に食べてくれました(^u^)
いただきま~す
今回も、3人そろってささ身デビューでしたが、ささ身も上手に食べてくれました。
ママさん達も、食べやすく上手につぶしてくれていましたよ


7か月になると、モグモグもしっかり出来てきます。
食材の種類をドンドン増やして、色んな味を体験させてあげましょう(^v^)


今回の感想は・・・・
○実際に固さを確認出来たり、食べているところを見てもらったりして、家ではこれで良いのかな?と思いながらやっていたので安心しました。
○固さも毎回作るたびにかわるので、どのくらいが良いのか分かりませんでした。
○コーンフレークはやってみようと思いました。
○うちの子はあまり食べる方ではないので、見てもらえて大丈夫だと言ってもらえると安心出来ました。
○実際に食べている様子を見てくれるので、とても分かりやすかったです。
○人参の大きさもつぶした物をみてもらえるので、いつも家で食べている大きさや軟らかさが合っているのか不安だったのですが、安心しました。
○最近、色々不安だったり、質問があったけど、色々聞けたり教えてもらえたので、これからの離乳食に、いかしたいです。
○コーンフレーク帰りに買いに行きます。
○また分からないことがたまったりしたら、個別相談に行こうと思います。


やっぱり見てもらって安心できると、自信を持って進めていけますよね
ママが自信を持てれば、赤ちゃんも安心して食べてくれます。
不安がたまったら、(たまる前でもOK!)またいつでも相談に来てくださいね!


そして、今回も人気だったコーンフレーク。
海外では、栄養分を強化したシリアルを積極的に離乳食に使うように指導しているところもあるそうです。


主食の代わりにもなるし、おやつにもなるし。
ぜひぜひ、離乳食に取り入れてあげてください


離乳食で使う場合は、必ず、砂糖のついていないタイプを選んでくださいね。
7か月くらいの子は、そのまま食べるのが無理なら、ミルクやヨーグルトに混ぜて。
9か月以降なら、そのままでOKの子が多いので、自分で持って食べさせてあげてください(^u^)


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年10月3日水曜日

離乳食実習(ゴックン期)・・・先輩のお手本♪

先日はゴックン期さんの離乳食実習でした(*^_^*)


離乳食を開始して1週間くらいの赤ちゃんと、まだ開始していない赤ちゃん達。
1週間先輩の赤ちゃんが、食べ方のお手本を皆に見せてくれました(^u^)


お家ではお粥を裏ごししているとのことだったので、今回は裏ごしなしに挑戦!
そして、初の人参も裏ごしなしで!!
上手にお手本披露してくれています
どちらも嫌がることなく食べてくれました(^v^)


「上手~」と感心しながら見ていた開始前のママ達も、いざ初お粥に挑戦!
上手なお手本を見せてくれたおかげか、離乳食デビューの赤ちゃん達も上手にゴックン


私の説明を長々と聞くよりも、見るのが一番分かりやすい!
お手本になってくれた赤ちゃんとママさん、ありがとうございました(#^.^#)


今回の感想は・・・・
○これから離乳食をスタートするのに分からないことが多くて不安でしたが、今回実習に参加させていただき、進め方やダシの取り方など、優しく面白く教えてもらえたのでとても良かったです。
○今まではきちんとダシをとっていませんでしたが、離乳食を始めるのを機にダシをとって料理に取り組みたいと思います。
○初めての離乳食なので、10倍がゆのトロトロ具合などが分かって良かったです。
○食べ方も見てもらえて安心しました。
○ペーストのつぶし方も練習できて、挑戦しやすい方法でした。
○ダシもできるだけ、自分でとってやってみます。
○和風ダシと市販のダシを味比べしてみて、赤ちゃんには和風ダシでうま味を足してあげたいなと思いました。
○おかゆの進め方や、その他の食材の簡単な調理の方法も知ることができたので、赤ちゃんと一緒に、楽しく離乳食を進めていくことができそうです。


「赤ちゃんと一緒に、楽しく」
なんて素敵な感想でしょう~
ママが楽しく取り組めば、赤ちゃんも楽しいに決まっています(^。^)
今の気持ちのまま、進めていってくださいね


ただ、現実は、楽しくできない日もあると思います(>_<)
でも、そんな時は、ふーっとひと息ついて、今の気持ちを思いだしてください。
ママが楽しい気持ちを思い出せば、赤ちゃんも楽しくなってくれます


そんな気持ちが思いだせなくなったら、またいつでも相談に来てくださいね
楽しく進められるように、お手伝いさせてください(#^.^#)


そして、「離乳食を機におダシ」!
これも、実習でお伝えしたい重要ポイントです。


しんどい時はひと休みしながらで、OK!
ぜひぜひ、続けていってくださいね~(#^.^#)


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年9月26日水曜日

離乳食実習(モグモグ期)・・・ささ身デビューもバッチリ♪

更新が遅くなってしまいました(^_^;)
ツインズの運動会があり、準備でバタバタ。
終わったら疲労でグッタリ・・・
1日休んだくらいじゃ、なかなか復活できなくなっています(+o+)


さてさて、元気を出して遅くなりましたが、先週のモグモグ期さんの実習の報告です!


皆で一緒にいただきま~す
今回は、3人ともささ身デビューでした(*^_^*)
片栗粉でとろみをつけて、初めてなので丁寧にすりつぶしてあげると、3人そろってペロりと食べてくれました~


お口の動きもモグモグ上手に出来ていました。
大き目の物は口から出したり、ちょっと食べにくそうにしたりと、ちゃんと食べやすい大きさを教えてくれていましたよ(^u^)


今回の感想は・・・・
○実際に食べさせることが出来て、その様子を見てもらうことが出来たのが良かったです。
○他の子がどんな感じなのか分かるのも良かった。
○思っていたよりモグモグして食べてくれたので、手作りを少しずつ増やしてみようと思いました。
○動画をチェックしてもらって、自分が見るのとやっぱり違うので、モグモグ出来ているか見てもらえて良かった。たまに、ゴックンしてしまっているところがあったので、少し食材を粗くしてみようと思います。
○コーンフレークの使い方やトロミのつけ方など、これからどんどん実践しようと思います。
○ささ身も今回初めて作り方から教えて頂いて、子どももしっかり食べてくれたので、どんどん食べさせたいです。


今回も小さい集団の良さが出ました!(^^)!
他の子の様子、気になりますもんね。


他の子の様子も分かりつつ、自分の子は今はどんな感じかが分かる。
そして、それが安心に繋がるように、一人一人に合わせて対応させて頂いています♪
なんて、しっかり食べてくれている赤ちゃん達のおかげですけどね(^m^)


食べにくそうにしていても、マイナスにとらえずに、大きさが合ってないよって上手に教えてくれているんだ!って考えましょう。


モグモグ期以降は、食べにくそうだからと言って、ドロドロに戻すのが食べやすい・・・とも限りません。
時期に合わせた形態が一番食べやすいのです!


と、これも書くのは簡単ですが、見極めるのが難しい(^_^;)
実習に参加して、一緒に見極めましょう
そして、楽しく離乳食を進めていきましょう~


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年9月20日木曜日

離乳食実習(ゴックン期)・・・まずは裏ごしなしで

今週はゴックン期さんとモグモグ期さんの離乳食実習がありました(*^_^*)
まずはゴックン期さんの実習の様子を紹介します


2人そろって離乳食デビュー
2人そろって、上手に離乳食デビューです(^。^)
今週は、忘れずにお写真も撮らせてもらいました~。


今回も2人とも裏ごしなしでOK
お粥は裏ごしなしでも大丈夫な子が本当に多いです。
なので、これから始めるママさん、まずは裏ごしなしで試してみましょう
裏ごしのひと手間があるとないとでは、全然違いますよ!


でも、裏ごししていないと食べにくい場合は、裏ごししてあげてくださいね。


今回も感想いただきました
○初めての離乳食で分からないことだらけだったのですが、実際にお粥を作って食べさせることもできてイメージがわいてきました。
○何を作るかばかり考えていたのですが、食べさせ方や子どもの姿勢も進めていく上で重要だということが分かりました。
○ダシは色んな食事に積極的に使っていきたいです。
○資料もカラフルでとても分かりやすかったです。
○口の動きを気にして、上の子ども達に離乳食をしてあげていなかったことに気が付きました。
○取り分けをして、要領よく離乳食作りをして、楽しい食事の時間になるようにしていきたいと思います。
○ダシの取り方もとても勉強になりました。
○楽しい離乳食実習でした。


今回も嬉しい感想ありがとうございます(#^.^#)
資料まで褒めていただいて
何度も改良を重ねた資料なので、分かりやすいと言って頂けるとホッとします。


そして、「楽しい食事の時間」、ママも楽しみましょう!


今回は、一人目の赤ちゃんと、上の子がいる赤ちゃん。
でも、兄弟がいても食べ方って全然違うので、経験者のママさんも初心にかえって一生懸命聞いてくださいました。


一人目のママさんには、大きくなってからや二人目の子が出来た時のイメージも出来て良かったかな
小さな集団ですが、集団実習の良いところですね(^v^)


離乳食、楽しんでくださいね~(*^_^*)


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年9月17日月曜日

炊飯器を使って、楽チン離乳食作り♪

炊飯器は離乳食作りにとても活躍してくれるアイテム(^。^)


実習でも、お粥や茹で野菜を炊飯器にセットして作る方法を紹介しています。
近頃は、お粥を炊飯器にセットして作るようの容器も販売されていますよね。


いつものようにお米をセットしたら、そこに米と水を入れた容器、野菜(アルミホイルやクッキングシートで包む)を入れてスイッチオン!
でも、たくさん入れ過ぎると、固めのご飯が出来ちゃうんですよね(^_^;)


そこで、蒸し料理の時に使う道具を利用して、炊飯器を2階建てにしてみました~
①米と水の入った湯のみと生卵をセット
②湯のみの上に蒸し器用の穴あきを置いて野菜をのせる
今回は、お皿に入れた鶏のささ身もご一緒に
表面には片栗粉をまぶしています。


スイッチを入れて、後は待つだけ~(^-^)

③出来上がり
蒸し野菜なので、どれもホクホクで甘みたっぷりに出来ました(#^.^#)
ささ身も良い感じで片栗粉がなじんで、すりつぶすとパサパサしてな~い!

美味しそうなささ身
因みに、穴あきの下はこうなってました。
お粥とゆで卵も完成
米からふっくら炊けたお粥と、ゆで卵の完成です(^v^)
因みに、まわりのご飯は、麦ごはんです。


そして、湯のみの周りにアルミホイルをまいているのですが、こうすると取り出した時に湯のみに米粒が付きません。


2階建て炊飯器、お野菜たくさん出来るので良いなぁ~♪
自分の時にもやってみれば、もっと楽チンだったなぁ・・・・


ぜひ、お試しください~(^u^)


因みに、ジャガイモは、朝ごはんの目玉焼きの横にマヨネーズ少々と一緒に盛り付け、カボチャはゴマをまぶして夕食の一品にして。
離乳食としてだけでなく、便利に使えますよ~(^。^)



2018年9月12日水曜日

離乳食実習(ゴックン期)・・・食べやすい食べさせ方

今週はゴックン期さんの離乳食実習がありました(*^_^*)


定期の実習は毎月第1、第3月曜日(休日の場合は火曜)なのですが、今月は2回とも9月になる前に満席
ということで、臨時に第2週ですが実習日を設けさせていただきました~(^。^)


最近、口コミで参加される方が増えてきて、本当に嬉しい限りです
ブログを見て・・・なんて方も少しずつ増えて、ますます頑張らねば!と気合を入れております。
口コミしてくださった皆さま、ブログを見てくださっている皆さま、本当にありがとうございます(#^.^#)


さてさて、今回は離乳食を開始して1週間の赤ちゃんとママ。
お家での食事の様子を動画で録ってきて下さっていたので、食べ方と食べさせ方をチェック!
そして、実習では初のお野菜(人参)に挑戦でした


ご主人に食べるところを見せてあげたいとのことで、食べる様子を動画撮影。
そのお手伝いに夢中で、またまたブログ用の写真を撮るのを忘れてました(^_^;)


少し粗めかな・・・・くらいでしたが、上手に大きすぎるのはお口から出しながら「もっとちょうだい!」の勢いで食べてくれました(^u^)


今回の感想は・・・・
○実際に食べさせることができ、それを見ながら離乳食のトロトロ具合、スプーンに入れる量、口への入れるタイミングや出すタイミング、姿勢までアドバイスをいただけて良かったです。
(動画に録っていたので、使用しているスプーンについても)
○お粥のお米をあまりすりつぶさない方だったのですが、子どもの反応にもよるが、それでも良いと言ってもらえて安心しました。
○市販されているダシを試飲することができ、手作りのダシとの味の差に驚きました。頑張って手作りしたくなりました。


今回も嬉しい感想で、こちらの方こそありがとうございますです。


最近は、離乳食のグッズも色々あって便利な物が増えています。
私もよくベビーコーナーをウロウロして市場調査をするのですが、ドンドン増えているので追いつかず、実習に来てくれたママさん達に色々教えてもらっています(^-^)


実際に使っているママさん達の意見はとても貴重なので、ぜひぜひ、色々教えてくださいね


ただ、便利そうに見えても、実はそうでもなかったり・・・・なんてこともありますので、今の時期に合っているか、自分の赤ちゃんに合っているか、確認しながら使ってあげてください。


特にスプーンの大きさや使い方は食べ方にとても影響します!
食べにくそうにしている時は、スプーンを変えるだけでも食べ方が変わることもありますよ


食べさせ方は、ひと口の量、口に入れるタイミングだけでなく、出すタイミングも大切!
実際に食べてもらうと、ポイントがお話しやすいので分かりやすいですね(^。^)


しかも、少人数制だから、1人1人に合わせてチェックさせていただいています。
食べやすい食べさせ方を覚えて帰ってもらいます♪


続けて実習中の写真がないので、またまたツインズのお写真を。
離乳食開始3週間くらいの草食くんです。
「お口ふいてよー」の顔
なかなか頑張って食べてるでしょ
http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年9月7日金曜日

離乳食実習(モグモグ期)・・・モグモグ期に大切なこと

先日、モグモグ期さんの離乳食実習がありました(*^_^*)


お話に夢中になって、今回、写真を撮らせていただくのを忘れていました(^_^;)
ごめんなさい。
今回は2組のママ&赤ちゃんが参加してくれました。


今回の感想は・・・・
○食べる量が少なくて不安でしたが、安心しました。
○いろいろ食材を試して、勇気を持って少しずつ粗めにしていきたいと思います。
○ダシのとり方も試してみたいと思います。
○実際につぶし具合を見てもらって、分かりやすかったです。
○片栗粉以外のトロミのつけ方や、プレーンのコーンフレークの利用など勉強になりました。ぜひ試してみます。


集団(と言っても少人数ですが)の場合、よく食べる子と食の細い子が一緒になることが多いんですよね。
食の細い子のママは、よく食べる子を見るととっても不安になってしまう・・・・
でも、よく食べる子のママも、食べ方がOKなのか心配で・・・・


と、食が細くてもよく食べても、悩みはみんなそれぞれあります。
わが家のツインズも、双子なのにガッツリ肉食くんと、細々食べる草食くん(^_^;)


赤ちゃんだって人間だもの、個人差はあります。
食べる量よりも、モグモグ期で大切なことは・・・・
①粒々に慣らして、しっかりモグモグさせてあげること!
②色々な食材を試していくこと!
です。


モグモグ期でしっかり粒々の練習をしておかないと、後々、丸飲みしてしまう!という悩みが増えてきます。
今の時期に大切なことをしっかりさせてあげましょう





http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年9月4日火曜日

ピーマンはやっぱり苦かった(+o+)

ピザのピーマンが美味しく感じた肉食くん。
このままピーマン好きになるのか!?


そう上手くはいきません(^_^;)
先日作ったチャーハンのピーマンはやっぱり苦かったようです。


小さいピーマンなのに・・・
こんなに小さく切ったのにね(^_^;)
ま、でも、「今日のは苦い」というのも、良い経験です。
残さず食べたのでOKとしましょう


因みに、わが家のチャーハンはひき肉入りです。
実はパラパラチャーハンが苦手だった私。
職業病なのでしょうか、油をたくさん入れるのに抵抗があって、少な目油で作るのでご飯がパラパラにならない(^_^;)


でも、豚ひき肉を使うようになって、ひき肉の脂が良い感じに(^。^)
お店のチャーハンほどではないですが、そこそこの出来になるようになりました。


ひき肉なので、離乳食パクパク期~幼児食にもおススメですよ(#^.^#)

2018年9月3日月曜日

離乳食実習(ゴックン期)・・・皆で仲良く離乳食デビュー♪

今日はゴックン期さんの離乳食実習でした(*^_^*)



お粥をつぶしてます
3人の赤ちゃんがそろって離乳食デビュー♪♪♪
皆、裏ごしなしでも嫌がらずに食べてくれました(#^.^#)


今日の感想は・・・・
○とても丁寧に教えて頂いて助かりました。不安もありますが、今日初めて食べてくれたのを見て、とても嬉しくなって頑張ってみようと思えました。
○またモグモグ期でも実習を受けたいです。
○少し楽しみになってきました!!
○少数制だったので、質問しやすかったです。
○月齢も近かったので離乳食以外の話もできて良かったです。
○実際にすりつぶしたり、試飲することで分かりやすかったし、家でも始めやすそうだと安心しました。
○実際におかゆをつぶしてどのくらいの固さなの分かったので、明日から作る時に分かりやすかった。
○ダシの味も思っていたより薄くないといけないのも試飲出来て良かった。


またまた、「安心しました」が聞けました(^。^)
それに、楽しみに思ってもらえたのも嬉しい限りです


ママが楽しく作ってあげると、赤ちゃんにも伝わります❤
ママが自信なさそうに作ると、赤ちゃんにも不安が伝わります。
不安な気持ちは皆ありますが、ママの笑顔が一番です!


なので、楽しみながらつくってあげてくださいね(^-^)
そして、不安に思うことがあれば、いつでも相談してくださ~い。
http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/



2018年8月30日木曜日

苦いピーマンが美味しく感じたよ♪

今日のタイトル、肉食くんのセリフです(*^_^*)


先週、小学校のお友達とママ達で、ブルーベリー狩り&ピザ作り体験に行ってきました。
美味しそ~でしょ
自分達でピザ生地をのばして、具をのせます。
ピーマン苦手の肉食くんがピーマン入りのピザを食べて(私がピーマン入れました^m^)、
「ピーマン、ピザに入れると美味しいね」ですって。


あまりに美味しかったので、先日、わが家でもお友達とピザ作り(#^.^#)
肉食くんが「母ちゃん、具にはピーマンも準備しといてね!」と、リクエスト。
お庭のピーマンも、さぞ嬉しかったでしょう!(^^)!
お家でピザパーティ
先週に引き続き、モリモリ食べました~


こんなちょっとしたことがきっかけで、苦手が減っていけば良いですよね(^。^)
大きく切ったピーマンだと、やっぱり「苦い」ってなってしまうかもしれませんが、美味しく食べられることもある!という経験が大切。


肉食くん、この前はナスも美味しいなんて言うし、そろそろ野菜に目覚めてきたかな(^m^)
でも、その一方で、草食くんが、最近、大好きだったトマトをよく残すように・・・・
なかなか難しいですね(^_^;)


ま、楽しく美味しく食べるのが一番
草食くんの傑作!
草食くん作の「グラーデーションピザ」
上にチーズのせたら、なんのこっちゃですが(^_^;)
でも、本人は自慢げに父親に「これ、僕が作ったグラデーションピザ!」って説明していました。


ピザ生地を作る時間がない!って時は、食パンに盛り付けても美味しいですよ
私が子どもの頃は、母がよく作ってくれていました。


ピザソースも、簡単に作れます
  ケチャップ     大さじ3
  オリーブオイル  大さじ1/2
  マヨネーズ     大さじ1/2
  玉ねぎ・にんにく お好みで 


玉ねぎとにんにくはみじん切りでもすりおろしでもOK。
混ぜるだけで簡単


因みに・・・・
お家で色々作る時は、女の子が来てくれると助かりますね。
うちの男子だけだと、何作ってるのか分からなくなること多々(^_^;)


夏休みもあと少し。
楽しくて美味しい思い出が出来ました(*^_^*)
うりぼう
こんな可愛いうりぼうにも会えました

2018年8月27日月曜日

取り分け離乳食・・・・レバー


台風が過ぎてもまだまだ暑いですねぇ(^_^;)
そんな時は、元気を出すために、レバー嫌いの私でもレバーを食べとこうかな・・・・と思ってしまいます。


毎度お馴染の献立ですが、子ども達も大好きな、レバーとこんにゃくの煮物。
保育所の給食でも出ていました。
草食くんもレバーならよく食べてくれます
逆に、肉食くんはレバーはイマイチ(^_^;)



レバーの下処理は、以前にもブログに載せましたが、ダシを使うのがポイント!


「レバーの臭み消しにもダシ」
https://makiko-rinyuushoku.blogspot.com/2018/01/blog-post_29.html


こんにゃくは、包丁ではなく、スプーンで。
手でちぎってもOK
この方が味がしみ込みやすくなります

こんにゃくはスプーンでひと口大に

そして、煮る時はキッチンペーパーで落とし蓋。
アクもとってくれるので、一石二鳥(^。^)


中央に穴を開けて
後で気づきましたが、出来上がりの写真を忘れてました(^_^;)

取り分けは・・・・
○モグモグ期~カミカミ期・・・レバーとトマトのペースト(左)&レバーと枝豆の粗みじん(右)
説明を追加

ペーストと言いつつ、モグモグ期さんなので、ゴックン期ほど滑らかにしなくてもOKです
トマトは、レバーを煮る時に、一緒に鍋に入れて少し煮ると、皮もむけて良い柔らかさに(*^_^*)


トマトも一緒に煮ちゃいます
○カミカミ期~幼児食・・・レバーペーストサンド
サンドイッチにレバーペースト
下ゆでしたレバーとバター少々をすり鉢に入れてすりすり
レバーが冷めている時は、レンジでチンするとバターが溶けてなじみます。


挟んだ状態ではボリュームがあって食べにくい場合は、パンを少しつぶしてあげるとお口に入りやすくなります。
他にはロールサンドにしても食べやすいし、見た目も可愛くなりますね(#^.^#)


「レバー+バター」なかなかコクが出て、良い組み合わせですよ。
レバー嫌いの私にも、食べやすく出来ました
ぜひ、お試しください~(#^.^#)

2018年8月26日日曜日

離乳食実習(モグモグ期)・・・コーンフレーク大人気♪

台風はあっという間に通過して、今治市では警報も早々に解除されましたが、皆さんのところは被害は大丈夫でしたか?
最近の豪雨は本当に局地的にひどかったりするので、恐いですね。気をつけましょう。


さてさて、水曜日はモグモグ期さんの実習がありました(#^.^#)
今回は、皆さんゴックン期さんにも参加してくださっていたママさんと赤ちゃんたち
しかも、またまた、偶然、お友達でした で、お喋りも弾みながら出来ました(^。^)


今回は、お腹が空いた子、眠い子、そうでもない子で、タイミングが微妙で、いっぱい待たせて泣かせちゃった赤ちゃん、本当にごめんなさいね(>_<)
でも、いざ、試食になると、ご機嫌さんでしっかり食べてくれました
仲良く並んでいただきま~す
モリモリ食べる子、食の細い子で、食べる量は違っていましたが、皆それぞれ、いつもより大きめに挑戦でしたが、お口の動きはバッチリでした(^u^)


今回参加のママさん達は、ゴックン期さんの間にも少しずつステップアップ。
お粥は5倍がゆ、ささ身にも挑戦!と、上手に進めていってくれていました~(^。^)
だから、3人ともお口の動きが上手に出来ているんですね~♫


お粥のつぶし加減は、個人個人で調節で大丈夫ですが、モグモグ期になったら5倍がゆの水分加減で食べさせてあげましょう!


今回の感想は・・・・
○いつもより大きく刻んでみても食べてくれたので、家でも少し大きめにして食べさせてみたいと思います。
○疑問に思っていたことを詳しく教えてもらえたので良かったです。
○コーンフレークを初めて食べさせてみて、よく食べてくれたので、家でも食べさせてみたいです。
○トロミを使って食べさせるのは初めてでしたが、トロミを使った方が食べやすそうで良かったです。
○コーンフレークやジャガイモのトロミも帰ってあげてみようと思います。
○色々な食材を試して、どんどん粒もあげてみようと思います。
○実際に食べるところを見てもらって、この通りで良いのか確認してもらえたので安心しました。
○またカミカミ期もお願いします。


またまた安心しましたの声、ありがとうございます(*^_^*)
質問もたくさんしてもらえたので、具体的な説明が出来ました。
誰かが質問してくれると、一緒に参加しているママさんにも良い勉強になるので、ドンドン質問してくださいね


そして、今回、大人気だったコーンフレーク。
いつもは、カミカミ期以降の個別相談の時に食べてもらうことが多いのですが、ほぼ、皆気に入ってよく食べてくれます(^u^)


手づかみで食べやすく、ポリポリの食感も良いのか、「もっとちょうだいよ~」ってなる子がほとんど。
ただ、モグモグ期さんには、そのままではお口の中でくっついて食べにくいので、水分を足してちょっと軟らかくしてからあげるのがおススメ。


今回も、そのままにも挑戦してもらったのですが、食べられなくもないけど、やっぱり水分足した方が良い感じで食べてくれていました。
(どんな食べ方するかのお試しに協力していただいて、ありがとうございました(*^_^*))


水分を足しても食べにくい場合は、少し砕いてからあげると、食べやすくなります。
コーンフレークは栄養満点ですし、鉄分も豊富なので、間食としてあげたり、お粥を食べない時の主食として使ったりして活用してみてください。


ヨーグルトに入れてあげると、食感が変わるのでモグモグの回数も増えますよ


離乳食としてあげる場合は、砂糖のついてない、『プレーンタイプ』『ノンシュガー』の物を使いましょう。


わが家では、以前にも紹介しましたが、プレーンタイプのコーンフレークを砕いて、パン粉の代わりにフライの衣に使っています。
香ばしくて美味しいですよ~(#^.^#)


モグモグ期は色んな食材に挑戦していく時期です!
しっかり食べてもらって、しっかり噛む練習をしていきましょう


因みに、カミカミ期さん以降は実習がないので個別相談になりますが、個別相談でも同じように実際に食べてもらいながら様子を見てお話をさせてもらっています。
個別なので、じっくりゆっくりお話が出来ますので、こちらも遠慮なく参加してくださいね~(#^.^#)


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/


※下書きなってしまっていて公開が遅くなりました(^_^;)





2018年8月22日水曜日

離乳食実習(ゴックン期)・・・・美味しくなさそうな顔

先日、ゴックン期さんの離乳食実習がありました(*^_^*)


今回は、離乳食開始前の赤ちゃん2人と、開始して1か月の赤ちゃん。
開始前の赤ちゃんは、2人ともこの日、離乳食デビュー


なめらかにすりつぶしてもらったお粥で、裏ごしなしでもOKでした(^u^)
裏ごしのひと手間、減らせると嬉しいですよね~


そして、開始して1か月の赤ちゃんは、少し進めていつもより粗いつぶし粥と人参に挑戦!
お粥は問題なく食べていたので、人参はちょっと大き目で食べてみてもらうと・・・・


大きすぎた塊は口から上手に出して、嫌がることもなく食べてくれていました~
お口の動きも、お粥の時と違って、少しモグモグつぶすような感じの動きに!


粒があるから、モグモグつぶす口の動きになるんですね。
いつまでもドロドロでは見られない口の動きです。


ただ、いきなり大き目に挑戦したので少し食べにくそうな場面もありました。
その場合は、水分を調節しながらで、様子を見ましょう。
それでも食べにくい場合は、もう少しつぶしてあげればOKです(^。^)


実習の時は、せっかくなので、このくらいまで粗くすると食べるのしんどそうだから、それより少しつぶしましょう・・・・くらいのスタイルで食べてもらっているので、ちょっとスパルタでごめんなさいね(^_^;)


今回の感想は・・・・
○本を読むだけとは違い、具体的な説明が分かりやすかったです。
○ダシの飲み比べをして、市販の物をなるべく使わず、頑張ってダシをとろうと思いました。
○モグモグ期の実習もぜひ参加したいです。
○進め方がよく分かりました。
○スプーンで遊びながら食べたり、いつも美味しくなさそうに食べるなと思っていたので、こんなもんなんだというのが分かり安心しました。
○市の離乳食実習はわからずに行ったので、質問とかもなかったけど、2回目だったので、色々疑問が聞けて良かったです。
○(頑張りすぎなくても)ほどほどで離乳食を進めていくことが出来るかも、と実習に参加して少し安心しました。


今回も、安心しましたの声が聞けて、私も安心しました(#^.^#)
毎日のことですし、だんだん回数も増えていくし・・・・なので、頑張りすぎてママが疲れないようにしましょうね。
ママが笑顔であげた方が、赤ちゃんも笑顔で楽しく食べてくれますよ❤


そして、タイトルにある「美味しくなさそうな顔」。
今回参加のママも、この説明をした時に、「そうなんです!」と。


赤ちゃんの美味しくなさそうな顔は、始めて食べる物、舌触りがいつもと違う物などを口に入れて、「何だこれは?」の顔です。
大人だって、始めて食べる物は、「どんな味だろう・・・」ってなりますよね。
そんな感じだと思います。


特に、粒の加減を増やしていく時に多いようで、美味しくなさそうにするので、またドロドロに戻して進めません・・・・という相談が多くあります。


でも、美味しくなさそうな顔をしていても、食べているならそのまま続ければ何日かしたら慣れてスムーズに食べてくれるようになります。
ドロドロに戻してしまうと、いつまでもモグモグに移行できないので、美味しくなさそうな顔ではなく、「何だこれ」の顔ということで、気にせずに進めていきましょう♫


そして、その時に、ママも「美味しくないの?」なんて顔になると、赤ちゃんも不安になります。
ママは「今日はちょっと粒が大きいよ。頑張って♪」くらいの気持ちで、笑顔を忘れずにお願いしますね(^。^)


今回、離乳食デビューした赤ちゃんのママさん、実はこの日がお誕生日だったそうで、良い記念になりました と感想に書いてくれていました。
ダブルでおめでとうございます~♪♪
良い思い出作りに立ち会えて、何だか私も嬉しくなっちゃいます(#^.^#)
素敵な気持ちにさせていただいて、こちらこそありがとうございました


そして、今回は写真が撮れていなかったので、わが家の肉食くんの離乳食開始3週間くらいの時のお写真を。
食べすぎた・・・の顔?
お口に入ったのかしら?って感じの口の周り(^_^;)
やわらかいお豆腐なので、わりと塊大き目です。
やっぱりスパルタな母でした(^m^)


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年8月17日金曜日

モグモグ実習のおかげ・・・かな?

今日は急きょ、予定していた用事がなくなったので、離乳食実習などの報告書の整理をしていました(*^_^*)


平成26年から離乳食相談を開始
平成27年からは離乳食実習をスタート♪♪
そして、平成29年からは実習を、ゴックン期とモグモグ期の2つのコースに分けて・・・・♪♪♪


と、少しずつ、ママさん達のニーズに合わせた内容になるようにと進化してきました(#^.^#)


ファイルを分けながら整理していると、懐かしい名前が次々と・・・・
ちゃんとその後もしっかり食べてくれてたかな?
私の相談は役に立ってたかな?なんて思いながら。


そして、皆、今はりっぱな幼児さんになってるんだろうなぁ~と、親戚のおばちゃん気分で整理してました(^m^)


この1年の変化と言えば、離乳食の個別相談の件数がぐっと減ったこと。
以前は、
 ・カミカミ期さんで、上手に噛めないや丸飲みする、離乳食が進まない
 ・モグモグ期さんで、モグモグが上手に出来ない、粒は食べてくれない
などの相談が多かったのですが、最近は減っています。


これも、モグモグ期さんの実習を始めたおかげかな~♫ と、勝手に満足しています(^。^)


あおい小児科で、ママさん達とじっくり離乳食のお話をさせてもらっている中で、離乳食をスムーズに進めるポイントはモグモグ期への移行だ!ということに気づいて、実習を始めました。


今まではモグモグ期さんの相談も個別でさせていただいていたのですが、わざわざ相談に行くほどでもないし・・・・の人や、相談なんてちょっと敷居が高い・・・・と思う人でも、気軽に参加できるようにと実習形式にさせてもらいました。


何人かでワイワイ言いながら、同じくらいの月齢の子の食べ方を見られるのも良いですしね
モチロン、個別でゆっくり話が聞きたい時は、個別相談を申し込んで頂いてOKなんですよ!


そして、個別相談が減っていると書いてるからって、相談に行くのが恥ずかしいなんて思わないでくださいね。
赤ちゃんの食べ方も色々、お母さんの考え方も色々。
最初はずっとスムーズだったのに・・・・ってパターンもありますし、何かの原因でストップしてから進まなくて・・・・なんてこともあります。


困った時は、すごく悩む前に、気軽に相談に来てくださいね。
1人で悩むよりも、一緒に解決策を考えましょう~♫


今までに、個別相談を予約していたけれど、当日、来られなかった人が何人かいます。
(ドキッとした人たち、ばらしちゃってごめんなさい(^_^;))


こちらは、どんな物を食べてもらおうかな・・・・と思いながら色々準備していくので、モチロン、そうなのぉ・・・・とショックなのですが。。。。
でも、相談日を忘れるってことは、離乳食がスムーズに進んでるんだなってことですもんね。
悩んでたら、相談日まであと何日!ってカレンダーとにらめっこしてるはず。


なので、ショックですが、ママさんが悩んでないなら良しとするかって感じです。
あ、でも、なるべくは、ちゃんと連絡くださいね(^_^;)
それに、よく食べるようになったとしても、その姿を見せてもらえると嬉しいです


赤ちゃんもママもパパも、皆が笑顔で離乳食を進めていけますように。
これからも、頑張ろう!と心新たに思う今日この頃でした(*^_^*)


離乳食を始めて2週間くらいの草食くん。
食べた~
良い顔して食べてるでしょう(^m^)








http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/



2018年8月15日水曜日

「かあちゃんが美味しいって言ったから♪」

昨日、ビックリすることがありました!


昨日の夕食は、そうめん&野菜の天ぷら。
天ぷらは、かぼちゃとナスとシソ。
いただき物&お庭の野菜で、材料費ゼロ(^m^)
旬って、栄養満点な上にお得で良いですね~


そして、エビと玉ねぎ、人参、枝豆のかき揚げ。


でも、ツインズ達はナスの天ぷらとか食べないだろうな・・・・と思い、豚カツもご用意。
(野菜ではないですが(^_^;))


揚げ物たち
そしたら、なんと、肉食くんが、「ナス食べすぎてお腹いっぱいになったから、豚カツ残す・・・・」と!
肉食くんが、豚カツよりもナスなんて!!!!!


「ナス好きだっけ?」と聞くと、「好きじゃない」と。
「好きじゃないのに食べるなんてスゴイね。何で?」と聞くと、
「だって、かあちゃんがナスが美味しいって言ったから食べてみたら美味しかったんだもん♪」ですって(#^.^#)


子どもさんの好き嫌いで困っているママさん、お母さんの「美味しいよ」は、効きますよ
モチロン、毎回ではないですけどね(^_^;)


でも、これで、食べるのイヤ・・・が少しでも減ると嬉しいですよね~
自分が作っといて言うのも恥ずかしいですが、「今日のは美味しくできた~」って言いながら食べさせてあげましょう(*^_^*)


最近、わが家は米粉で天ぷらを作っています
それも美味しくできたポイントかも(^。^)


そして、天ぷらは油をいっぱい吸っちゃうので、わが家の天ぷらの衣は表だけです。
裏は素揚げになってます。
ちょっとでも、余分なカロリーカットということで(^u^)


離乳食には関係のない話でしたが、とっても驚きの出来事だったので
子どもって本当に面白いですね~(#^.^#)


因みに、豚カツの衣は、小麦粉の代わりに大豆粉、パン粉の代わりにプレーンタイプのコーンフレークを砕いて使っています。
小麦粉やパン粉よりもたんぱく質しっかりで、栄養満点!
香ばしくて美味しいですよ♪

2018年8月13日月曜日

永久歯に生えかわる頃も、噛む練習のチャンス!

またまた、歯医者さん情報です(^-^)


離乳食で噛む練習がうまく出来なかった・・・・
幼児期になってもお肉をしっかり噛めない・・・・
なんてお悩みのママさん、安心してください


乳歯から永久歯に生えかわる頃、もう一度、しっかり噛む練習をするチャンスなんですって!(^^)!


もちろん、それまでも、色々噛む練習をしながらでしょうが、諦めずに挑戦してみましょう


乳歯から永久歯に生えかわる頃、私のイメージでは小学生になってからだったのですが、ツインズの保育園では、年長さんはほとんどの子が乳歯が抜けていました。
うちのツインズは「ぼく達はいつかな・・・・」と。


早く歯が抜けるのがカッコいいってのが、子ども達の間にあったみたいです(^m^)
そして、卒園前に抜けて、歯抜けの笑顔で卒園写真に(^_^;)
ま、それも良い思い出ですよね


しかし、歯の生えかわり方も、うちのツインズはそれぞれでした。
乳歯が生えるのは草食くんの方が早かったのですが、抜けるのは肉食くんの方が早く・・・・


草食くんの前歯はいつ抜けるのかねぇ・・・・なんて言ってたら、なんと、乳歯の後ろからすでに永久歯が生えてきてたのです!!(+_+)


残ってる乳歯は、ちっともグラグラしてないし・・・・
これは大変ってことで、歯医者さんで抜いてもらうことに。
長すぎる乳歯・・・・
忘れもしません、草食くんが、保育園年長さんの最後の遠足の日、歯医者さんに行きました。
部分麻酔のはずが全身麻酔しました?ってくらい熟睡している間に2本とも抜いちゃったんです。


右のは、肉食くんの普通に抜けた歯。
左の2本が草食くんの抜いてもらった歯。
歯医者さんもビックリの根っこの長さだったそうで、乳歯ケースにも入れるのもギリギリ(^_^;)


草食くんは、3本目も同じように後ろから生えてきたので、これも歯医者さんで抜いてもらいました。


で、4本目にしてやっと普通に抜けたのですが、それが何と、ケーキを食べている時(^_^;)
普通、固い物かじってポロっととれるんじゃ??
ケーキを食べて乳歯がとれる草食くん
ホント、歯の生え方も生えかわり方も色々なんですねぇ。
皆さんのお子さんは、どんな風に生えかわるのでしょうね(*^_^*)

2018年8月10日金曜日

離乳食実習(ゴックン期)・・・・最初のひと口

先日、ゴックン期さんの離乳食実習がありました(*^_^*)


今回参加のママさんは、一緒に申し込んだ訳ではないのに、偶然にもお友達同士
産婦人科が同じだったとのこと。
同じ時期に出産すると、この先も「あら偶然(#^.^#)」がありますよね。
大切なご縁です
撮影中を撮影(^m^)
お友達同士ということで、初お粥の瞬間を撮影し合いっこ。
そんな姿を、さらに私が撮影。
楽しそうな実習風景でしょ(^m^)


今回の感想は・・・・
○これから離乳食を始めるにあたり、本やネットではよく分からない部分も、実際に説明を聞きながらだったで、分かりやすかったです。
○ダシの飲み比べもあり、味の目安がよく分かりました。
○実際にお粥をつぶして裏ごしし、初めて食べてもらえたので良かったです。
○実際にダシのとり方、つぶし方など、一緒にさせて頂いて、とても分かりやすかったです。
○全くの無知で参加したのですが、少人数でゆっくり教えて頂けました。味見もさせて頂けたので、とても参考になります。
○またモグモグ期にも参加させて頂きたいと思います。


「分かりやすかった」の言葉を聞くと安心します(#^.^#)
今回は、お二人とも開始前。
お盆もあるので、もう少し待って落ち着いてからスタートしたいとのことだったので、この日は2~3口でゴックンの様子をチェック。


二人とも、パクッと食いつくとまではいきませんでしたが、2口目からは自分からお口を開けてくれました!(^^)!
嬉しい反応ですね


最初のひと口は、以前このブログにも書きましたが、パクッとスプーンをくわえてくれる子と、「なんでしょう?」みたいな反応の子と。
わが家のツインズも後者でした。


その時のブログ、見てない人はこちらから
→ 最初のひと口
    https://makiko-rinyuushoku.blogspot.com/2018/01/


とりあえず、「何か口に入ってきたぞ!」の反応をしてくれればOK
自分から口を開けてくれなくても、何度かそっと流し込んであげていると、そのうちにお口が動いてきますからね。


赤ちゃんのやる気と、ママのやる気がそろったタイミングで開始してあげてくださいね
モグモグ期の実習でも、またお会いできるのを楽しみにしてます~(^-^)


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/







2018年8月5日日曜日

離乳食実習(モグモグ期)・・・少し前のわが子と比べてみよう!

先日はモグモグ期さんの実習でした(*^_^*)


今回参加のママさん達は、皆さんゴックン期さんにも参加してくださったリピーターさんたち。
続けての参加、ありがとうございます(#^.^#)


皆で離乳食を作ったら、3人並んで、仲良くいただきま~す
自分達のペースで食べてます
今回の感想は・・・・
○今までドロドロを食べていたけど、しっかりした粒でも食べてくれました。
○実習も出来て、勉強になりました。今後の進めていき方も分かりやすかったです。
○悩んでいたことを相談出来たので、家で実践していこうと思います。
○初めてささ身を食べさせたけど、パクパク食べてくれて良かった。
○肉系は料理がめんどうだと思っていたけど、先に片栗粉を付けて茹でるという簡単な方法を教えてもらえたので、これからはドンドンあげたいと思います。
○コーンフレークは私も好きなので取り入れていきたいです。
○ブログも参考にさせてもらっています。おススメの料理があったら、ドンドン載せて欲しいです!
○モグモグ期のトロミのつけ方がなかなか難しいと感じていましたが、片栗粉の使い方やとろみのある食材など、参考になりました。
○食べ方も見てもらえて安心しました。
○コーンフレーク、もう少ししたら、たくさん登場しそうです。


今回参加の皆さんは、ブログも見てくださっているとのこと(#^.^#)
これからも、ドンドン皆さんの参考になることを載せていければと思っています!!


さてさて、今回参加してくれた赤ちゃん達は、みんな生まれた月が同じ。
でも、体が大きめの子に小さ目の子に、男の子に女の子に・・・と、バラバラ。
食べる量も食べ方もそれぞれ。


小さ目の子は大き目の子がうらやましくて、でも、大き目の子にもやっぱり気になることはあって・・・
と、「隣の芝生は青い」で、ついつい周りと比べてしまうことってありますよね。


でも、食べる量も食べ方も、それぞれ赤ちゃんのペースで大丈夫
今、これが出来ないとダメ!と言うのではなく、それぞれが、自分達のペースでステップアップしていればOKなのです!(^^)!


他の子と比べて・・・・ではなくて、少し前のわが子と比べて・・・・で、見ていってあげましょう


初めてささ身に挑戦した子は、少しずつつぶし加減を粗くしていく。。。。
ささ身は何回か食べている子は、他のたんぱく質の食材を増やしていく。。。。
5倍がゆに慣れてきた子は、つぶさずに食べられるようにしていく。。。。


それぞれのペースで、1~2週間前の状態と比べて、順調に進んでいるかをチェックしてあげてください


慌てなくても大丈夫ですが、案外、ママの予想よりも進めてあげても問題ないこともあるし、逆にその方がよく食べてくれた・・・・なんてこともよくあります。


モグモグ期からカミカミ期は、しっかり噛んで食べてくなってくる頃です。
ドロドロは卒業して、赤ちゃんの「食べたい!」に合わせた形態で離乳食を進めていってあげましょう




http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年7月28日土曜日

自分で食べられる子に・・・・手づかみ食べ続き

昨日の手づかみ食べについての続きです(*^_^*)


他にも、管理栄養士さんからも、こんな話を教えていただきました。


食卓に座っても自分で食べようとせずに、ずっと待っている子がいたそうです。
もう1人で食べられるくらいの子だったので、「どうして自分で食べないの?」と聞くと、「汚したらママに怒られるから」との返事だったそうです。


そして、ママが食べさせてくれるまで、じーっと座って待っているんだそうです。




いつまでも、ママが食べさせるわけにはいきません。
手づかみ食べで汚れると片付けが大変ですが、大きくなっても自分で食べてくれない方がもっと大変です。




手づかみで、手で持って口に運ぶ動きを練習することで、スプーンやお箸を上手に使えるようになるのです。
手づかみ食べをせずに、スプーンやお箸を上手に使えないと、後々の片付けの手間にも影響します。


今の大変は、のちのちの生きる力に影響します!


料理もそうですが、簡単、楽チンが一番嬉しいですが、やっぱり手間暇かけた料理にはかなわないところもあります。
省けるところは省く、でも、やらねばならぬところは、やっぱり頑張ってやらねば!なのです。


散らかって困るなら、あまり散らからない物で手づかみの練習させてあげてください。
ご飯粒は無理!ならば、食パンにするとか、汁のほとんどないうどんにするとか。
お焼きにしたり、卵焼きに混ぜてみたり・・・・ベチャベチャにならない方法はありますよ。


昨日のツインズのガッツリ手づかみの時のニヤッとした顔を見てくれましたか?
あれはやりすぎですが、手づかみは楽しいことなのです。
楽しく食べることが、生きる力に繋がっていくのです!


固いお話っぽくなってしまいましたが、手づかみ食べの大切さ、ぜひぜひ見直してあげてくださいね(#^.^#)
「おやつちょうだいよぉ」「ぼくのだよー」の場面
固い話になっちゃったので、最後に笑える写真を・・・・と思ったのに。
すみません、何度やっても写真の方向が直らないので、このまま載せちゃいました(^_^;)


手づかみが上手になると、人のおやつをもらうことも出来るし、取られないように頑張ることも出来ます っていう写真です(^m^)
取ろうとしている方は、モチロン食い意地はりまくりの肉食くんです。
でも、草食くんも負けてません!


食べる力は生きる力!
自分で食べられる子にな~れ








2018年7月27日金曜日

「手づかみ食べ」が命を救う・・・!?

ちょっと大げさなタイトルですが、先日、とてもためになるお話を聞いたのでご報告(^-^)


私と同じ管理栄養士、歯科医師、保健師の方たちと、離乳食の手づかみ食べの話をしていたら、歯科医師の先生が、「手づかみ食べをすることで、ひと口の量を覚えていく。ひと口の量が分かるようになると、食べ物を口に詰め込みすぎて窒息してしまう、という心配が少なくなる・・・・」と、教えてくださいました。


手づかみ食べの大切さは、以前にも何度か書きましたが、「窒息の危険が減る」なんて、ちょっと衝撃的な表現じゃないですか?


手づかみ食べの良さに、ひと口の量を覚える・・・・というのがあることはモチロンですが、それが食べる力を育てるだけでなく、命にかかわることとは!


手づかみで食べることは、生きていくうえで必要な行為なんだ!ということを、再認識させてもらいました。

ガッツリつかんでます(^_^;)
この写真は、2歳の頃のツインズ写真です。
ガッツリつかんでますが、このまま全部を口に入れたりはしませんよ。


わが家では、結構手づかみ食べをさせていました。
本当のところは、させていたと言うより、こんな状態なので、「散らかるからヤメテ!お母さんが食べさせてあげます!」と言うよりも、「後で1人で片付けた方が楽か・・・・」という感じでしたが(^_^;)


あおい小児科でも手づかみ食べについてのアンケートをさせていただいたことがありますが、手づかみ食べの悩みの1位は「散らかるので困る」でした。
私の友人でも、手づかみ食べなんてさせたことない!って子もいます。


わが家の状態から考えると、そっちの方が大変では・・・・と思ってしまいます(^_^;)


手づかみ食べはモチロン散らかって後が大変ですが、離乳食で手づかみする頃は、ドロドロから卒業して水分が減っている頃です。
なので、散らかるといってもベチャーとこぼされるというよりは、ティッシュで拾っていくような感じになっているはず・・・・
まあ、その上をふんずけられたりして、ギャー!ってこともありますが(+o+)


ベチャーっとしたのを片づけるのは大変ですが、水分が少ないと、そうでもなかったりします。
そして、以前にも書きましたが、雑巾で拭くと後で洗うのが大変なので、ティッシュなどで拭いてポイっと捨てるだけにすると、とっても楽チンです。


そして、下に新聞紙を敷いて・・・・とかもありますが、いちいち新聞出すのも面倒だったので、わが家では、畳の上にフローリングシートを敷いていました。
そうすると、拭くのも簡単♪


離乳食をドンドン進めて水分を減らしていくことで、手づかみ食べの片付けの大変さが変わります!
「手づかみ食べは大変」と思っていては、後が大変になります。


慣れないうちは、詰め込み過ぎて「オエっ」となることもありますが、それも、何度か経験して覚えていくことなのです。
慣れるまでは、お皿に出す量を加減したり(お皿に出てると、全部口に入れたくなります)、ひと口の大きさで切ってあげるなど、ママのお助けは必要です。


でも、後々のために、勇気を出して、手づかみ食べをさせてあげてください(#^.^#)











2018年7月25日水曜日

離乳食実習(モグモグ期)・・・・ダシはなんのために使う?

バタバタとしておりまして、更新が遅くなってしまいました(^_^;)
先週、モグモグ期さんの実習がありました。


ゴックン期にも来てくれたママさんで、おかゆも5倍がゆ、粒々も少しずつ挑戦中とのこと。
素晴らしいです~!(^^)!


赤ちゃんも嫌がらずに食べているようだったので、お口の動きを確認しながら、ドンドン進めていきましょう
上手にモグモグ~
初めて座るバンボでも、上手に座って食べてくれました(*^_^*)
ママさんも、ゆっくりペースを守ってあげるような上手な声かけで食べさせてあげていました。
だから、ドンドン上手に食べてくれるんでしょうね~


離乳食に慣れてくると、ついついママのスプーンのペースが早くなりがち。
お口いっぱいでは、モグモグ出来ません。
ゆっくりモグモグ出来るのを待ってあげてくださいね。


今回の感想は・・・・
○ゴックン期に引き続き、分かりやすく教えて頂き、とても参考になりました。
○実際に食べているところを見て頂けたので、生のアドバイスが助かりました。
○離乳食を楽しみながら、またこれをきっかけに、大人の味覚もやや修正していけたらな、と思いました。


ありがとうございます~(*^_^*)
今回のママさん、ゴックン期の実習の時のダシの美味しさに感動して、早速お家でもダシをとってくださっているとのこと。


でも、大人の味覚って、すぐには変わらない・・・・
特に、旦那さまの味覚。
ママは、わりと本人が濃い味でも赤ちゃんに合わせてって出来る方が多いのですが、パパはどうも違う場合が多いようです。
(わが家を含め(^_^;)。そうじゃないパパさん、ごめんなさい。)


でもでも、実は、この離乳食を期に、ダシの良さを見直していただいて、大人も普段からダシを使うような生活に・・・・と言うのが、私の壮大な目標だったりするのです(#^.^#)


なかなか自分の食生活を見直すのって難しいですが、ダシの美味しさに気付いて「ダシってこんなに美味しかったの!」と、思ってもらうのが、この実習のねらいです。
今治ダシ普及活動(←勝手に言ってます)なので、実習後にお家でもダシをとってますって言って頂けるのが、本当に嬉しい限り♪


そして、なぜ、離乳食にはダシなのか?
離乳食のダシの使い方、よく聞かれるのが、「味付けのない離乳食に飽きてきた頃に使うのですか?」ということ。


確かに、お粥を食べない子が、ダシ入りのお粥にしたらよく食べるようになった、野菜嫌いだったのがおダシで炊いた野菜はよく食べるようになった・・・・・と言うのは、今までの実習や個別相談でもよくありました。


なので、困った時の『お助けマン』的な役割も大きいのですが、味に変化をもたせるためにダシを使うのではなく、ダシは、素材の味を引き立ててくれる、素材の美味しさに気付かせてくれる役割があるのです。


ダシのうま味が美味しさをアップするのはモチロンですが、お米の甘みを引き立ててくれたり、野菜などでは、えぐみを消してくれたりもします。


そして、ダシのうま味で味が変わって食べてくれるようになるのではなくて、ダシが素材の味を引き立てて美味しくしてくれるので、よく食べてくれるようになるのです。


だから、離乳食のダシは、大人が飲んで「ダシが効いている~」って思うほどの濃さではなく、素材の味を引き立てるための『ほんのりダシの香りがする』くらいの濃さで大丈夫です。


そして、ダシは、1種類だけではなくて、2種類合わせて使うとうま味が数倍増えますので、昆布やかつお節、干しシイタケ、煮干しなど、合わせて使うのがおススメです(*^_^*)


ただ、ダシの材料がないー!って時は、野菜を数種類合わせて煮るだけでも、野菜のうま味たっぷりの野菜スープが出来ます。
ダシと同じように、使えます。


まずは、離乳食用にダシをとる習慣をつけていただいて、そして大人の分も・・・・というのを狙っています(^m^)
大人もダシを使うようにすると、取り分け離乳食を作るのも簡単になりますしね


ぜひぜひ、ダシ普及活動にご協力を~!(^^)!


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年7月18日水曜日

離乳食実習(ゴックン期)・・・モグモグ期への準備

昨日はゴックン期さんの実習でした(*^_^*)


3人のママと、一人の可愛いママが離乳食作り~
小さいママも、一緒にすりすり~
一緒に来てくれたお姉ちゃんも「すりすりする~」と、皆でお粥をすりすりしました(#^.^#)
癒されますね~


そして、出来たお粥を一緒に食べたり、野菜スープを飲んだり、具を食べたり。
なんて可愛いんでしょう~❤❤


お陰で、味付けなしの野菜スープは幼児期でも美味しく食べられます!がよく伝わりました。
ありがとうね~(*^_^*)


今回は、この実習で離乳食デビューします!という赤ちゃんと、開始して1か月くらいになる赤ちゃん。
それぞれのポイントが違うので、今のポイントを説明。
デビューの赤ちゃんのママには、ひと月先のイメージがわいて良かったかな


今回の感想は・・・・
○上の子の時も実習に参加して、色々教えて頂いて、とても分かりやすくて良かったので、今回も参加させて頂きました。
○ゴックン出来ているかも見てもらえて、今日から無事、デビュー出来ました。
○細かく教えて頂いたので、これから離乳食スムーズに進められそうです。
○おダシがとても美味しかったので、どんどん食べさせたいです。
○離乳食を始めて1か月くらいですが、どのくらいの形状がモグモグ期への移行の目安かよく分かりました。
○ダシは始めてないですが、今回、ダシの作り方を習い、実際飲んでみて良かったので、試してみようと思います。
○実食やムービー、資料で丁寧に説明して頂いたのでよく分かりました。
○初めてダシを実際に飲んでみて、市販の物との違いも分かったし、普段は野菜とかと混ぜないと食べてくれないお粥も、ダシ入りにするとよく食べてくれたので、家でも作ってみようと思いました。
○モグモグ期の実習も参加したいです。


今回も、嬉しい感想をたくさん、ありがとうございました(*^_^*)
やっぱり、実際に作って食べてみるのが一番分かりやすいですよね


口頭で長々説明するよりも、赤ちゃんが食べてみてくれるのが一番!
実際に、ダシを入れただけで、あまり食べなかったお粥をしっかり食べてくれましたもの(^u^)
おダシの力って、本当にスゴイですね~


こうやって、実際にダシの力のすごさを体感出来て、私ももっとダシをおススメしなくちゃ!とパワーがわいてきます。
食べてくれて、ありがと~❤❤


今回は、離乳食を開始してひと月の赤ちゃんも来てくれていたので、モグモグ期への準備についても、実際に見て食べて、分かりやすかったと思います。


ゴックン期は、その名の通り、「ごっくん」を練習する時期ですが、ずーっと同じではありません。
最初のひと月くらいは、ゆっくりごっくんに慣れさせる・・・・でOKです。
でも、ひと月くらい経って慣れてきたら、少しずつドロドロを卒業する準備をしましょう。


以前にも書きましたが、10倍がゆからスタートした離乳食は、ひと月したら7倍がゆにします。
一生懸命すりつぶしていた野菜達も、少しずつつぶし加減を粗く。


モグモグ期への移行をスムーズにするポイントです!
そして、モグモグ期への移行がスムーズにいくと、わりとその後もスムーズに進めていけます。


離乳食の最大の難関!
それは、実はモグモグ期への移行!・・・・と私は思っています。


ただ、この加減は、口頭での説明は難しく、しかも、赤ちゃんによって違うので、やっぱり実習に参加してもらって、実際に食べてもらうのが一番!


これから始める時も不安なので、スタート前に参加してもらうのもOKですし、ひと月くらい経ってこれからどう進めたら良いのかな?というタイミングで参加してもらうのもOK。
モチロン、上の子、下の子でも違うので、一人目の赤ちゃんじゃなくてもOK。
今、どうしたら良いのかな?の不安に寄り添えるような実習を目指していますので、迷っているママさん、まずは参加してみてくださ~い(#^.^#)
お友達同士の参加も大歓迎です


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年7月17日火曜日

食べやすさって・・・・

暑い日が続きますね・・・・(^_^;)
こう暑いと、キッチンに立つのも嫌になっちゃいますね。


暑い時期は冷たい麺が食べやすい!ってことで、先日「サラダうどん」を作りました
(でも、ごめんなさい。写真撮るのを忘れました(T_T)・・・・暑さのせいかしら・・・・)


冷たい麺が美味しい時期ですが、麺だけだと栄養バランスが・・・・
ってことで、冷たいうどんの上に、レタス、きゅうり、トマトの野菜と、唐揚げをのせた「サラダうどん」♫
めんつゆをぶっかけて、お好みでマヨネーズを(*^_^*)


麺(炭水化物)、唐揚げ(たんぱく質)、野菜(ビタミン)で栄養バランスもバッチリ
しかも、ひと皿盛りなので、洗い物も少ない~(#^.^#)


と、ご機嫌な私と違い、少ししか食べないツインズ。
「残してごめんなさい・・・・」と。


暑くてバテてるのかな?と思ったら、なんと、「ざるうどんの方が食べやすい」と。
なので、具とうどんを分けて、ざるうどんにすると、つるつる~っと完食!


今までも「サラダうどん」出したことあったと思うのですが・・・・
この日は、「サラダうどん」の気分ではなかったようです(^_^;)


食べやすさって、人それぞれだから難しいですね。
私は「サラダうどん」大好きなのに・・・・
でも、ま、「ざるうどん」でしっかり食べられて良かったです。


離乳食や幼児食を、あまり食べてくれない・・・・と言う時も、盛り付けや切り方など、ちょっとしたことで食べやすさが変わることもあります!
料理がヘタだから・・・・と自分を責めずに、ちょっと考えてみてくださいね


そして、麺類の時は、ひと皿にする場合も、おかずを別にする場合も、たんぱく質と野菜を忘れずにつけてあげましょう(^-^)


因みに、私は唐揚げ以外に、豚肉をしゃぶしゃぶしたのをのせたり、ささ身をゆでたのをのせたりするのも大好きです
たれは、めんつゆ以外に、ゴマだれも良いですよ~(^u^)


今日は写真がないので、先日撮った綺麗な夕焼けを~
夕焼け綺麗ね~
まだまだ暑そうですが、夏バテしないように、しっかり休息をとりましょうね!(^^)!
今日はゴックン期さんの実習です。
可愛い赤ちゃんと頑張るママさんに、元気をもらいに行ってきま~す!
http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年7月16日月曜日

梅ジュース♫

先週うってたのに、なぜか更新されていませんでした(T_T)
と、言うことで、遅くなりましたが・・・・


先日、シソジュースのことを書きましたが、この時期のもうひとつのお楽しみは梅ジュース(#^.^#)
去年作った梅ジュース
わが家の草食くんも大好き
お腹が痛い時も、元気な時も「梅ジュース飲みたい!」


梅のクエン酸が疲れをとってくれて、砂糖の甘みがホッとさせてくれます(*^_^*)


肉食くんは、梅ジュースは苦手(+o+)
酸っぱい物は苦手です。


でも、今年は学校で梅の実を拾ってきて、「これで、母ちゃんの好きな梅ジュース作ろう!」って。
で、一緒に作りました(*^_^*)
梅と氷砂糖を順番に入れて・・・
 あ、拾ってきた梅は1個ですけどね(^_^;)
他の梅は買って来ました。


作ってる最中に、草食くんに「学校の物を勝手に持って帰ったらいかんのに」と言われ、ドキッ!
梅ジュースのことで頭がいっぱいで、その確認をするのを忘れてた(>_<)
ま、1個だし、落ちてたそうだし・・・・良しとしてくださいな(^_^;)


美味しくなれ~
1週間もたつと、美味しい梅ジュースになりそうな気配が(^v^)
母はこれで、また美味しい梅ジュースが飲めることに満足
ツインズは、お手伝いしながらの、氷砂糖のつまみ食いに満足❤❤

三温糖バージョン
今年は、三温糖でも作ってみました
氷砂糖よりも溶けやすいかと思ったのに、エキスが出てきた頃に溶けきってない砂糖が下の方で固まって・・・・(+o+)
菜箸でかき混ぜながら溶かす作業が増えました(^_^;)


でも、氷砂糖よりもあっさりとした美味しい梅ジュースになってますよ
すでに味見済み(^m^)


離乳食には関係なくて申し訳ないですが、年齢に合わせてお手伝いしてもらって一緒に作ると楽しいですよ(^-^)


・梅や氷砂糖を1個ずつ瓶に入れてもらう。
・洗った梅をキッチンペーパーで拭いてもらう。
・ちょっと大きくなったら、梅のヘタを爪楊枝で取るのを手伝ってもらう。。。。などなど。


ただし、青梅はそのまま食べるとよくないし、お口に入れて喉に詰まると恐いので注意してください!
お手伝いは、お口に物を入れなくなった頃からにしましょうね。


今年の草食くんは、傷んでいる梅のチェックもしてくれました(*^_^*)
大人になっても、「梅ジュースの時期だなぁ」なんて思いだしてくれるかな


今年の夏も、美味しい梅ジュースで疲れを摂りましょう

2018年7月9日月曜日

わが家の双子の育て方

連日の大雨で、七夕のことがすっかり頭から抜けてました(^_^;)
ま、田舎はひと月遅れで大丈夫ってことで・・・・


しかし、今日は朝から良いお天気なのに警報が解除されず、またまた家の中が大騒ぎ(+o+)
被害がなく平和な地域の我がままですが・・・・


と、言うことで、わが家のツインズの可愛い頃のお写真を(今もモチロン可愛いですが)


まずは、双子のあやし方。

足も使います
分かりますかね。
泣いてる方は抱っこですが、機嫌が良い方は、足でガラガラ振って相手してます(^m^)
足ぐせの悪さも、こんな時には便利です


そして、ミルクをあげる時は・・・・

ダブル飲み~
モチロン、ダブルで同時にあげます(^u^)
おっぱいの時も、ダブル授乳でしたよ


7か月頃になると、それぞれ持って飲んでくれるようになったので、楽になりました
自分で持ちま~す♪
こうやって、ツインズもママも、たくましく育っていくのですなぁ~(#^.^#)
今ではすっかりたくましく育って、家の中でも野球やらバレーやら・・・・
男の子の家は、壁に穴が開くと言われてますが、そんな日も近そうです(^_^;)


少し前に、ネットで、子供の小さい頃のビデオを見たママが「こんなに可愛い時期だったのに、ガミガミ怒ってたなんて・・・・」と書いてあるブログを見ました。
それを読んで、私も反省。
でも、その時は色々イライラしちゃうんですよねぇ。


そして、最近では、大声で怒鳴りなら、「こんなに怒鳴っても素直に聞いてくれるのはあと何年だろう・・・」なんて思いながら、でもやっぱり怒鳴ってます(^_^;)


子育ては『忍耐』ですね。
子供と一緒に親も成長していくんです。
子供の成長に、おいていかれないようにしなくちゃ!(^^)!
皆でがんばりましょ

2018年7月7日土曜日

シソジュース♪

すごい雨が続いていますね。
皆さんの周りは大丈夫ですか?


わが家は雨の被害は大丈夫ですが、昨日は警報で学校が休校になったので、元気いっぱいツインズが家の中で大暴れ(+o+)
外よりも家の中の方が大変でした(^_^;)


そんな時は、手作りシソジュースで元気回復!
水割り       牛乳割り
赤シソの出回る時期は限られているので、今でしょ!で、この時期、毎年作ってます(*^_^*)
普通に水割りも美味しいですが、私は牛乳割りがお気に入り❤
炭酸で割ったのも美味しいですよ。
(私は炭酸がダメなので飲めませんが(^_^;))


シソの香りには、食欲増進効果があって、ジメジメで体力ダウンの時期にはモッテコイ!
しかも、幸せホルモンを出す効果もあるそうな・・・・!?


他にもシソには疲労回復効果もあるので、体力有り余ってるツインズの相手をするために役立ってますよ(^m^)


作り方は・・・
 水   1リットル
 赤シソ 150g
 砂糖  250~300g
 酢    200cc
(分量は大体でOKです)


①シソの葉は、葉の部分を洗う。
②鍋に水を入れて沸かし、シソを入れてシソの色が緑になるまで煮る。
③ザルでシソの葉を濾したら、鍋に戻し、砂糖を加えて溶かす。
④砂糖が溶けたら火を止めて、酢を加える。
※酢を加えると、綺麗な色になります
左が煮た後。赤シソが緑のシソに・・・
わが家では、三温糖とりんご酢を使っていますが、お好みで(#^.^#)
冷めたら冷蔵庫で保管してくださいね。
たくさん出来過ぎたら、冷凍保存も出来ますよ


シソの葉を茎からちぎるのが案外めんどくさいですが、美味しいシソジュースのために頑張ります!
普段は手抜の私なのにね(^m^)

2018年7月5日木曜日

離乳食実習(モグモグ期)・・・おかゆの進め方

昨日はモグモグ期さんの実習でした(*^_^*)
3組のママさん、赤ちゃんが参加してくれました~
皆でおかゆをすりつぶし~
1人眠そうになった赤ちゃんに、まだ寝ないで~とお願いしながら、皆で離乳食を準備。
3人並んでいただきま~す
仲良く並んで、ママが作ってくれた離乳食をパクッ(^u^)
月齢がバラバラなので、赤ちゃんに合わせて水分を加減して、お口の動きを一人一人チェックさせてもらいました。
皆、上手にモグモグしてくれていましたよ~


今日の感想は・・・
○野菜の大きさ、食べさせ方など、これで良いのかなと思っていたことがよく分かりました!ありがとうございました。
○モグモグできているか、ちゃんと量を食べているか不安だったので、食べ方など見てもらって安心しました。
○新しい食材もこれから取り入れていきたいです。
○食べる量が思っていたよりも多かったし、固さやトロミ加減もドロドロ(水分少な目)でも食べてくれたので、今度家で作る時はもっと多めにあげたりしたいと思いました。
○とても勉強になりました。


こちらこそ、嬉しい感想をありがとうございました(#^.^#)
今の時期、これでOKなのかどうかって、一番気になるところですよね。
でも、本やネットではなかなか分かりにくいところ(>_<)


皆で楽しくおしゃべりしながら確認できると、より安心(*^_^*)


今回参加してくださったママさん達は、お家でも、おかゆの水加減やつぶし加減を調整しながらあげているとのことでした。
素晴らしい~(^v^)


「10倍がゆ」でスタートする離乳食は、2か月たってモグモグ期になると「5倍がゆ」になります。
この時に、急に進めてしまうと食べにくいので、
 10倍がゆの裏ごし
   ↓
 裏ごしなし
   ↓
 粗くつぶす
   ↓
 7倍がゆ粗つぶし
   ↓
 ・・・・・・
 
と言う感じで、少しずつ水加減とつぶし加減を調整していくと、モグモグ期もスムーズに進んでいくはずです!


ゴックン期の間にも、モグモグ期に向けて、少しずつ進めていく必要があるのです。


これも口で言うのは簡単で、実際OKなのかは難しいところ(^_^;)
とりあえず、開始して1か月たてば7倍がゆに進めてみる・・・・など、挑戦してみましょう


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/







2018年7月3日火曜日

離乳食実習(ゴックン期)・・・離乳食をあげるタイミング

昨日は暑かったですねぇ(+o+)
溶けそうなほど暑い中、離乳食実習に参加してくれました


離乳食を始めて1週間になる赤ちゃん。
お家では裏ごしをしていたとのことで、昨日は裏ごしなしで挑戦!

裏ごしなしでも美味しいよ~
トロミ加減を野菜スープで調整してあげると、問題なくパクッと(^。^)


その後、初野菜の人参にも挑戦!!
後で味見をしたママも「案外、ザラザラですね」というくらいの加減でも、嫌がらずに食べてくれましたよ


今日いただた感想は・・・・
○友達から「あおい小児科の実習が良いよ」と教えてもらったので、半分興味本位で参加を決めました。
○実際、本当に分かりやすくて、質問もしやすく、たわいもない話も出来て、楽しく出来ました。
○程よく手を抜きながら、子供のために離乳食を作ってあげようと思います。


またまた嬉しい感想、ありがとうございます(#^.^#)
お友達のススメと言うのも、嬉しい限り
おススメしてくださったお友達にも、感謝感謝♪♪
少しでも興味のある方は、ぜひぜひ参加してみてください~


そして、大事なポイント「程よく手を抜きながら」
ここを抑えてもらえると、私の伝えたかったことがきちんと伝わったと、自分で大満足です(^m^)


本ではこうなので、その通りでないといけない!
よその子は食べているのに、なんでうちの子は食べないの!
そんなに必死にならなくても、離乳食をスムーズに進めるポイントはたくさんあります!


今日の赤ちゃん、開始してからの食べ方の様子を聞いていると、初めはお昼にあげていたけど、朝イチの方がよく食べるので、朝イチに変えたとのこと。


離乳食の本などを見ていると、例としてあげられているのは10時ごろが多いですね。
これは、朝、色々片付いてママがゆっくりできる時間と、離乳食の後、体調に変化があっても病院に行きやすい時間。


だからと言って、10時にあげなくちゃいけない訳ではありません!
赤ちゃんにだって食べやすい時間があるんです。


それに気づいて、早めに時間を変えてあげたママさん、素敵です(#^.^#)
この場合は、「手を抜く」とは少し違いますが、「こうでないといけない!」にこだわらず、赤ちゃんのペースに合わせてあげる、とっても大事です。


思うように食べてくれない時、「自分の離乳食の作り方が悪いから・・・・」と、自分を責めるママさんが多いです。
でも、案外、タイミングや生活リズム、食べる時の姿勢など、離乳食の内容以外のところで解決できることが多いんですよ♫


離乳食の内容が問題の時は、「形態が月齢に合っていない」が多いです。
それも、「この時期はこのくらい・・・」にこだわらず、少し進めてみると、すごく食べるように・・・・なんてことも多々!


カミカミ期に多い相談で、「上手に噛めていない」と悩んでいても、お話を聞いていると「パパや祖父母があげた普通のご飯は食べる」と。
で、実際に軟らかめのご飯をあげると、しっかり噛んで食べられていた・・・・なんてこと、多いんです。


大人だって、お粥を噛んで食べないし、ずっとドロドロなんて、食べてて楽しくないですよね。
赤ちゃんだって、噛んで食べるのが楽しい時期がくるんです。
そのタイミングを見極めて、ドンドン進めていってあげましょう


と、口で言うのは簡単ですが・・・・(^_^;)
そんなときこそ、「程よく手を抜く」
ちょっといつもよりすりつぶしを粗く。
ちょっといつもより大きめに刻む。


それだけで、いつもよりお口の動きが違っていたりします!
「程よく・・・」、難しいですが、頑張りすぎない程度で、ママも楽しく離乳期を過ごしましょうね(#^.^#)


加減が分からない方は、ぜひぜひ実習や個別相談を利用してみてください!
一緒に、解決のヒントを探しましょう


昨日はママの体調が悪くて、実習をキャンセルになった方達も。
昨日は暑く、今日からはまた雨の連続と、大人も体調を崩しやすい気候です。
少しの時間でもしっかり休んで、体調を崩さないように気をつけましょうね。


今回お休みになったママさん達、早くよくなってくださいね。
元気になってお会いできるのを楽しみに待っています
http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/