ママの笑顔が一番の美味しさの素♪ とわかっていても、毎日そんな訳にはいかないのが現実(^_^;)

ママも赤ちゃんもリラックスして離乳食(幼児食)を楽しめるお手伝いが出来れば・・・そんな思いを詰め込んでいます。

旬の話やわが家の苦労話(愚痴?)もあって盛りだくさん♪ 気楽に読んでくださいね(#^.^#)

2018年12月10日月曜日

まとめてとらないダシのとり方

ダシはまとめてとって、冷凍しておけばOK


なのですが・・・・
最近、ますますめんどくさがりのダメダメ栄養士は、以前にも紹介しましたが、朝のみそ汁をつくる時に一緒にダシもとっちゃう(^。^)

網目の細かい濾し器にダシの具を入れて
写真ではダシの具だけですが、鍋の方には玉ねぎや人参を入れて、おみそ汁の具を煮ながらダシをとります


最近のわが家のダシは、昆布と煮干しとかつお節。
昆布は時間がある時に細かく刻んでおくと、ダシがでやすいですよ(^v^)


ただ、めんどくさがりだけど、もったいない精神旺盛な私は、ダシがらを1回分ずつラップして冷凍。
たまった冷凍ダシガラたち
何個かたまったら、これを凍ったまま鍋に入れ、しょうゆ、みりん、お酒を合わせてグツグツ煮て、自家製のめんつゆを作ります(^。^)


2番ダシで美味しいめんつゆが出来ますよ~(#^.^#)
うどんやそばのダシとしてはモチロン、煮物や鍋の時の味付けにも重宝します(^-^)


めんつゆを作った後の煮干しや昆布たちも、また煮物の具としても使えます。
乾燥させてミキサーにかけると、ふりかけにもなります!


私は、乾燥したのを、モシャモシャ食べてます(^v^)
乾燥は、フライパンでから炒りしてもOKですが、私はそのまま放置して自然に乾燥させてます(^_^;)
カルシウム補給に良いですよ~

2018年12月6日木曜日

離乳食実習(モグモグ期)・・・・今の状態に合わせてあげて

昨日はモグモグ期さんの離乳食実習でした(#^.^#)
上手にパクリ
一組の参加だったので、他の子の様子を見たりは出来ませんが、その分、じっくり食べ方を見せてもらいました。


8か月さんですが、お口の動きがしっかり!
人参をフォークで大き目につぶしてあげていたのですが、スティックでもいけそう・・・と挑戦すると、気に入ってくれたようで、手づかみで上手に食べてくれました(^v^)


月齢や始めた時期にこだわらず、今の状態に合わせて進めてあげるのが大事と、改めて実感しました♫
参加してくださる皆さんのおかげで、私も成長出来ています(#^.^#)


今回の感想は・・・・
○口の動きもよく動いていると言ってもらえて安心しました。上の子たちの時は、口の動きを気にしたことがなかったので、勉強になりました。
○粒の大きな物も、野菜をスティックにした物も食べられたので、家でも挑戦しようと思います。
○コーンフレークが気に入ったようです。
○これから3回食になり、大変なこともあるけど、楽しい食事の時間にしようと思います。
○ダシを頑張ってとります!


予想以上に、ステップアップしても大丈夫だったので、私もビックリでした。
しかも、スティックが食べられたり、固形が大丈夫になると、兄弟のいるところは上の子たちと同じようにで出来るので、作る時の負担が減りますよね。


食べさせる時も、手づかみで自分で食べてくれるようになると、上の子のことも見る時間が増えますし。


私自身、栄養士でありながら、ツインズの離乳食が3回食になる前に「1日に3回もせんといかんなるのか・・・」と、思ったのをはっきり記憶しています(^_^;)


でも、3回食の頃には、取り分けもしやすくなるし、大きさも調節しやすくなるので、案外、簡単に出来る部分もあります。
いつまでも細かく、特別に作ろうと思うと大変なので、取り分けを上手にして、作る時の負担を減らしていきましょうね(#^.^#)


3回食になると離乳食も後半分。
楽しんで進めてくださいね~(^。^)
そして、余裕がある時に、ダシに挑戦してみてください


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年12月4日火曜日

地産地消「マコモダケ」

先月、子ども達の小学校では、給食で「地産地消今治ブランド週間」というのがありました。
「地産地消」、もうすっかり馴染みの言葉になりましたね(#^.^#)


特に、今治市の小学校では早くから取り組まれていて、私が保育所の給食を担当していた時(10年以上前ですが(^_^;))に、「保育所も頑張らねば!」と言う感じでした。


給食だよりでも、地元で作っている農家の方の紹介をしたりと子ども達にも身近に感じることが出来るようにしてくれています。


ちょうど、先月の給食だよりで「マコモダケ」のことが載っていたら、知り合いから「マコモダケ」が届きました。
今治市では玉川の方でよく作られているそうです。
ホント、田舎って良いですよね~(^。^)


きのこかと思ったら、イネ科の「茎」の部分だそうで。
丸焼や天ぷらが美味しいそうですが、わが家ではきんぴらにしてみました
マコモダケのきんぴら
ごぼうのきんぴらのように、切ってゴマ油で炒めるだけ。
ごぼうよりも太めに切りました。
後は、人参とささ身。
味付けして、仕上げにゴマをふれば出来上がり(^v^)


離乳食には、小さく切ってカミカミ期以降なら大丈夫かな。
ごめんなさい、離乳食用の写真、忘れてました(^_^;)


もう旬の終わりころになっちゃいましたが、地元の美味しい食材、美味しい時期にいただきましょう~(^。^)

2018年11月30日金曜日

取り分け離乳食 ~さんま~ & 実習の宣伝(^m^)

さんまの美味しい季節ですね~(*^_^*)
お値段も少しお手ごろになってきてますし


わが家では、さんまは、3枚におろしてくるくる巻いて揚げる「さんまくるくる揚げ」をつくることが多いのですが、先日は久しぶりに、普通の焼きさんまにしてみました。
大根おろしとレモンを添えて~
さんまのくるくる揚げが気になる方はこちらから
→ https://www.blogger.com/blogger.g?blogID=3039221653924991660#editor/target=post;postID=3748300413607112386;onPublishedMenu=template;onClosedMenu=template;postNum=75;src=postname


今回は頭と内臓を処理してくれているさんまを買ってきたので、頭なしです(^_^;)
今度、まるまる買って来た時には、お腹を切り開かなくても、内臓がスポンと抜ける方法を載せますね


離乳食で青魚を使うのは、9か月~のカミカミ期以降。
手前右の小皿は、さんまの身をほぐして大根おろしと合わせています。
魚の身だけではモサモサして食べにくい子にはおススメです。


それでも、食べにくい子は、少しダシや水を足して軽く煮てあげると、軟らかくなって食べやすく(^v^)


手づかみ食べ大好きな時期は、手前左の小皿のように塊にしてあげて。
フォークに刺して食べるのもOK!


旬の味をその季節に味わうことも、『食育』です(^。^)


ところで、先日、ブログを見てくれている友人に「細かく書きすぎじゃない?」と言われました。
細かく書いているので、ブログを読んで解決しちゃったら、実習に来てくれる人が減っちゃうのでは・・・と心配してくれての発言。


確かにそれもそうなのですが・・・・
でも、小さい子を連れて出かけるのって案外、気合いがいりますよね。
それに、ちょっとしたことが気になって気になって・・・・と不安になるなら、チラッと見たブログで解決するにこしたことはないし。


逆に、こんな細かいとこまで見てくれるなら、行ってみよう!と思ってくれるかもしれないし・・・と言う思いもあり(#^.^#)


それに何より、あおい小児科での実習は、実際に食べて口の動きを見たり、一般的な説明ではなく個人個人に合わせたお話をさせてもらっているので、ブログを読むだけとは違う内容になっています!


少人数制なので、それぞれの疑問や悩みにもお答えできるし、個別相談もあるので、やっぱり参加してこそ!の良いところ満載のはず!!


それに、こんな細かいとこまでチェックする栄養士がやってますってのも良いと思ってますしね(#^.^#)


結局、宣伝になっていますが、寒くなってくるので外に出るもの・・・・となる季節ですが、お気軽に実習にも相談にも参加してみてくださいね
悩んでるほどでもないけど・・・・って方も、おしゃべりで気分転換に くらいの気持ちでの参加もOKです。
















http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/



2018年11月27日火曜日

納豆ボーイ

ついに恐れていたことが・・・・(ToT)
肉大好きな旦那さん似の肉食くんが、納豆好きまでも似てしまいました(+o+)
納豆の糸と遊んでます(笑)
離乳食や幼児食の時にも何回か出したことはあるのですが、その時はダメだったんですけどね。
何をきっかけに・・・・


納豆がNGなダメダメ栄養士の私は、納豆のパックだけ準備したら、後は旦那様にお任せ(^_^;)
二人仲良く並んで、糸引きながら食べてます。


その向かいに座る、私と草食くんは、「臭い・・・」とにおいに耐えながらの朝食になっています(^_^;)


「何で母ちゃんは納豆食べれんの?」なんて言われたもんで、「みそ汁に入れたら食べれるんよ!」と、久しぶりに納豆入りみそ汁。



納豆入りみそ汁
久しぶりに食べましたが、やっぱりみそ汁に入れると大丈夫です(^v^)
おダシとおみそのダブル効果なのですね~。


おダシが納豆の臭みを消してくれて、おみそがネバネバを抑えてくれる。
あぁ~、おみそ汁って素晴らしい!(^^)!


納豆苦手さんも、だまされたと思って、やってみてください~


因みに、離乳食にはモグモグ期からOK。
粒はそのままでは大きいので、ひき割り納豆にするか、包丁でたたいてあげましょう。
粘りが強すぎる場合は、豆腐などを加えて混ぜて。


パサパサ食感の物と混ぜると、喉ごしよくゴックンしやすくなりますよ

2018年11月24日土曜日

くまさんホットケーキ

わが家のツインズはホットケーキが大好き
食べるのはモチロン、作るのも。
休みの日は、朝ごはんにホットケーキなんて日がちょいちょい(^v^)


1枚目は自分達で焼いて、食べてる間に私がおかわりの分を焼いちゃいます。
今日はくまさんホットケーキにしてみました
色んなサイズのくまさん
耳を大きくすれば、ネズミちゃんにも出来ます(右の真ん中)。


作り方は簡単
①フライパンに普通に丸く生地を流し入れたら、耳をつけます。
耳をつけてます
②表面がプツプツしてきたら裏返して焼けばOK
表面がプツプツ
耳の部分、小さかったかな・・・・と後から足すと、こうなります(^_^;)
後から足したのがバレバレ(^_^;)
「可愛い~」と言ってくれたツインズですが、あっさりガブっと!
カブっと!
もう1人は、2枚重ねて、ザックリ!!
ザックリ!!
昔はアンパンマンの顔のパンを「食べるの可哀そう」と言って残していたのにね・・・(^_^;)


煮豆があったので顔をつけようとやってみたら・・・・・
恐っ!!!!
ツインズもそろって「気持ち悪!!!」と叫んでました(笑)
可愛いやつで、手づかみ食べの練習にどうぞ(^。^)


作りやすい分量は・・・
 ・薄力粉100g
 ・ベーキングパウダー小さじ1
 ・卵1個
 ・砂糖大さじ1
 ・牛乳100cc
 ・サラダ油大さじ1


次は薄力粉を、半分、米粉に変えて作ってみたいと思っています
砂糖は控えめなので、食べる時に1歳以上のお子様はお好みではちみつを~(#^.^#)

2018年11月22日木曜日

離乳食実習(モグモグ期)・・・気楽に作ってあげて♪

昨日はモグモグ期さんの離乳食実習でした(^-^)

3人並んでいただきま~す
モグモグしているか心配・・・とのことでしたが、3人ともしっかりモグモグ出来ていましたよ(^。^)
8か月になる赤ちゃんは、モグモグどころか、お口が上下にもしっかり動いて、カミカミに近い動きも♪
他の7か月の2人に、次はこういう口の動きになるんだよ~と、良いお手本を見せてくれました(^v^)
私のお話よりも、よっぽど伝わりやすい!
ありがとうね~(#^.^#)


今回の感想は・・・・
○料理のレパートリーの悩みを相談したかったので、色んな調理法を教えてもらえて、実際に食べさせてくれたので良かった。
○自分の子が、どのくらいの固さを食べられるのか見てもらえるのがすごくありがたかった。
○細かいことがたくさん気になっていたので、丁寧に答えていただいて、とても参考になりましたし、励みになりました。
○普段、子どもと一対一でいるので、成長が分かりづらく、体験を通して自分の子のこれくらい食べれるという力を知ることができて良かったです。
○ブログをきちんとチェックしていきたいと思います。
○出来るだけ子どもには笑顔で、食事を楽しい時間にしていきたいです。
○実際に試食が出来たので、これからの参考になりました。
○家で作っている物が、実は合ってなかったのかなぁと、改めて気付きました。
○細かな質問や疑問にも、丁寧に答えてくださってとても良かったです。
○今までより、肩の荷がおりたような気がします。



嬉しい感想、ありがとうございます~(#^.^#)


「笑顔で食事を楽しい時間に」「肩の荷がおりた」
こんな言葉を聞くと、私もホッとします。


頑張りすぎると、笑顔を忘れちゃう時ありますよね。
力を入れ過ぎて、疲れちゃうことありますよね。
レパートリーを増やさなくちゃとか、難しく考えちゃうとますます難しく・・・・(>_<)


お料理上手さんのブログを見ると、とっても素敵な離乳食が並んでいたりします。
でも、器を変えるだけでも素敵に変身しますし、彩りを意識するだけでも変わります。


私は素敵な離乳食とかは苦手だったので、器や飾りを使ってステキ風にしていました(笑)
クッキー型で、簡単に飾ったりする程度。


素敵な離乳食にしたらよく食べると言う訳でもないです。
それよりも、ママが笑顔で食べさせてくれる方が、断然よく食べてくれます!


レパートリーも、モグモグ期はまだまだ難しく考えなくても大丈夫。
野菜を何種類か混ぜるとか、卵焼きに色んな具を入れるとか・・・・
その程度で良いですよ。


それも、献立としてと言うよりは、食感の違う物を混ぜてお口の動きをしっかりさせてあげて欲しいから。
軟らかい物同士でも、食感が違うものが混ざっているとモグモグの動きが違ってきます。


なるべく気楽に、笑顔を忘れない程度の力加減で作ってあげてください
笑顔が難しくなったら、いつでも相談にきてくださいな(#^.^#)
ブログにも、ステキ風のコツなんかも載せていきますね~


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/



2018年11月20日火曜日

離乳食実習(ゴックン期)・・・白菜スープ♪

昨日はゴックン期さんの離乳食実習でした(*^_^*)
久しぶりのマンツーマンの実習になりました。
離乳食デビュー
離乳食デビューの赤ちゃん、今日も裏ごしなしでOKでした(^v^)
ベロでペロペロスプーンをなめたりもしながらですが、素敵な笑顔でゴックンしてくれましたよ


ベロでスプーンを押し出したり、ペロペロなめちゃう赤ちゃんは、遊びの時にスプーンを持たせてあげましょう。
お口に入れてカミカミ遊んでいると、食べるのも上手になりますよ。
ただし、奥に入れ過ぎてオエっとなることもあるので、ママが見てあげながらでお願いします。


今回は忘れずに感想いただきました・・・・
○何も分からないゼロからの知識で参加させてもらいましたが、分かりやすく教えていただきました。
○食器や離乳食に必要な物も知ったので、早速買って明日から始めてみようと思いました。
○楽しく始められそうです(^u^)


「楽しく始められそう」、素敵な感想をありがとうございます
大変なこともありますが、せっかくなので楽しんでくださいね~(#^.^#)


毎回お話しているのですが、離乳食作りに役立つ100均グッズの話も楽しく聞いてくださいました。
100均大好きなので、共感していただけるととっても嬉しいです
これからも、便利なグッズを探しま~す(^。^)


さてさて、寒くなって冬野菜がお手頃価格になってきました
美味しいうえに安いなんて、嬉しいですね~。


実は、実習で作っている野菜スープ、前回からキャベツに代わって白菜くんが入っています。
白菜の優しい甘みが美味しいスープです。


白菜くんが仲間入り
野菜の香りがキッチンに広がります~
季節のお野菜を煮込むだけでできる野菜スープ。
お肉やウィンナーを入れて味を整えれば、大人も、上の兄弟も食べられる1品に


お肉の種類を変えたり、味付けを、塩、しょうゆ、コンソメ、みそ、ホワイトソース・・・と変えると同じ食材で何品にも!


寒くなったこの季節、体も温まって良いですよ~(#^.^#)                    


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年11月17日土曜日

今日のお昼ご飯♫

「今日のお昼ご飯かと思った!」と言って、ツインズがモリモリ食べてたのはコレ↓
ダシ用にお腹をとってた煮干しくん達
わが家のツインズは単純なので、遊んでる横で煮干しを処理していると「なになに?」「ぼくにもやらせて~」と寄ってくる。
「食べても良いよ」と言うと、美味しそうにモシャモシャ。


にしても、これがお昼ごはんだなんて・・・・(^_^;)
確かに栄養満点ですが・・・・
わが家の日頃のおかずってどんなんだろう・・・・って思われちゃいますよねぇ。


ご飯ってのはちょっと無理がありますが、おやつにはとっても良いですよ
しっかり噛む練習にもなるし、カルシウムもたっぷり!


離乳期は、まだそのまま噛むのはしんどいので、ダシをとった後の軟らかくなった物をあげてみましょう

2018年11月10日土曜日

離乳食実習(モグモグ期)・・・ささ身デビュー♪

先日、モグモグ期さんの離乳食実習がありました(*^_^*)


ゴックン期にも参加してくださったママさん&赤ちゃん達。
お粥の粒にも挑戦してくれているので、モグモグの動きはバッチリ


ささ身は3人とも初めてでしたが、これも問題なし!
美味しくて完食してくれる赤ちゃんも(^v^)
ご機嫌さんでいただきま~す
もうすぐ8か月の赤ちゃんは、モグモグどころか、上下にしっかり口が動いていましたよ


ただ、この日、感想を書いていただくのを忘れてしまって・・・・(^_^;)


しかも、先週から風邪をひいて声がかすれてしまっていて・・・・
聞きとりにくい声だったと思います。
すみませんでした。


年に1~2回、声がカスカスになる風邪をひいてしまいます。
熱は出なくて、そこそこ元気もあるけど、声が出ない(>_<)


気温が激しく変わるこの時期、まわりにも風邪ひきさんが増えています。
大根おろしご飯を食べたり、梅シロップを飲んでみたりしてますが、今回の声がれはシツコイ(+o+)
喉の痛みにはハチミツも効果ありですが、1歳未満の赤ちゃんにはNG!


皆さんも体調管理に気をつけて、元気に過ごしましょうね!


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年10月30日火曜日

ビックリするくらい食べてくれるようになりました♪・・・離乳食個別相談

先日、離乳食の個別相談に来て下さったママさんの声です(*^_^*)


8か月の赤ちゃんは、あまり離乳食を食べてくれず、体重も増えてこない。
ふだんは母乳で、「体重を増やすためにミルクを・・・」と言われたけれど、ミルクは飲んでくれない。
どうしたら良いでしょう・・・・と相談に来てくれました。


お家での食べ方を見せてもらうと、モグモグは出来ているけど、回数は少な目。
上の子もいるので、先に赤ちゃんだけ食べさせて、ママと上の子は後からお食事。
別に準備するのも大変(>_<) とのことでした。


相談当日は、まず、人参スティックに挑戦!
最初は口にくわえて吸いついていたけど、指でちぎってあげるとしっかりお口を動かして食べてくれました(^v^)


じゃがいもツナボールも、ボーロくらいの大きさにしてあげると、自分からお口を開けて食べてくれました。
コーンフレークも、またまた大人気


この時すでに、「家での食べ方と違う!」とママは驚いてましたよ(^。^)
赤ちゃんはもうすぐ9か月だったので、もっと噛みごたえのある物が食べたい時期だったのかな?


と言うことで、お粥も軟飯や軟らかめのご飯に進めて、おかずも手づかみで食べられるような物を準備してあげましょう、とお話しました。


そして、出来れば、上の子やママと同じタイミングで食べるように。
手づかみ出来る物は、ママがお手本見せながら食べてあげるようにお話しました。


野菜をスティックにしたり、ご飯もおにぎりができるようになると、上の幼児さんとわざわざ別で作る手間も減るので、ママの負担も減ります!
手づかみで自分で食べてくれれば、食べさせなくても良いので、ママも一緒に食べられますよね(^v^)


個別相談に来ていただくと、相談日から2~3週間後に、お電話をかけさせてもらってその後の様子を教えて頂いています。
その時に、タイトルに書いた「ビックリするくらいよく食べてくれるようになりました」の嬉しいお返事をいただいたのでした~(#^.^#)
体重も増えてきたそうです。
ミルクは相変わらず飲まないそうですが、食べる量が増えて体重が増えているなら問題なし!


お電話の後、たまたま病院でお会いしたのですが、ママの顔が晴れやかで安心しました(*^_^*)
(わが家のツインズもあおい小児科かかりつけなので、時々1階の病院に出没しています)


個別相談については、ブログにあまり載せていなかったのですが、よくある悩みでとても上手く解決できたパターンだったので、ママの許可を得て、内容を載せさせていただきました。


離乳期では、モグモグ期の後半から、手づかみへと進めるタイミングも割と難しい時期だと思います。
パクッと食べやすい大きさを見極めるのは難しいのですが、赤ちゃんの食べたい固さ大きさとマッチすると、ビックリするくらい食べ方が変わってきます!


今までも、「家とは食べ方が違う!」とビックリするママさん、たくさんいらっしゃいました。


ただ、大きくし過ぎたり固すぎると、オエっとなったり、丸飲みしてしまったり・・・・
オエっとなられると、お家で挑戦するのは難しかったりしますよね。


『個別相談』と言われると何だかハードルが高そうですが、難しいことは言いませんよ(^-^)
今、どんな形態、大きさが赤ちゃんにとって食べやすいのかを一緒に見つけていく時間です。


ザックリ言うと、案外進めてあげると食べたりします・・・・なのですが、じっくり聞きたい方は、ぜひぜひ『離乳食相談』もご利用くださいね


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年10月26日金曜日

子育てギャップ・・・・おやつについて

先日、図書館で興味深い本を見つけました。
その名も『パパ・ママ⇔じいじ・ばあばの子育てギャップ これで解決』
タイトルだけでも面白そうでしょ(^m^)


時代によって子育てのおススメって違ってくるので、どうしてもギャップはありますよね。
実習や相談に来てくれているママとも、よく話題にのぼります。


この本によると、もっとも問題になりやすいのは、「抱き癖」「食べ物の口うつし」「おやつ」だそうです。


さすがに、「食べ物の口うつし」は最近あまりないような気がしますが、「抱き癖」と「おやつ」はよく聞きますよね。
特に、私の場合は、離乳食のお話の中で「おやつ」の困ったをよく耳にします。


実際に私の母も、孫に甘い乳酸菌飲料をあげたがって(^_^;)
「そんなに甘いのはまだ!」と何度、鬼になったことか・・・・
乳酸菌飲料は体に良くて、スペシャルな物だと思っているようで・・・・


でも、「あげないで!」って言うと、じいじばあばの楽しみを取ってしまうようで可哀そうですしね。


最近、離乳食実習でお話しているのは、そんな時は、「あげるならコーンフレーク(プレーン)にして」にしてみませんか?と。
栄養満点のコーンフレークなら、おやつとしてもバッチリ(^v^)


ただ、パパママ世代にも気をつけて欲しいなと思うことも・・・・
「おやつ」は離乳食が3回食になって、ミルクや母乳も減ってきた時に、3回の食事では足りない栄養を補うためのものです。


最近は、早くから食べられる市販のおやつが増えていて、3回食になる前からおやつを食べている赤ちゃんが多いような・・・・
手づかみ食べの練習として、赤ちゃん用のおせんべい等を利用することもありますが、本当に必要だからおやつをあげていますか?


しっかりお腹が空かないと、離乳食は食べてくれません。
離乳食を食べなくてお腹が空いても、後でおやつをもらえる、という習慣は、今身につくとずっと続きます。


おやつは3回食になってから。
まずは、離乳食をしっかり食べる!で進めていきましょう

2018年10月24日水曜日

離乳食実習(モグモグ期)・・・お粥は5倍がゆで!

最近、ブログの更新が遅くなってます(^_^;)
先週のモグモグ期さんの実習のご報告です。


今回参加の赤ちゃん達は、粒々には挑戦していますが、今は10倍がゆとのことだったので、5倍がゆに挑戦してもらいました♪
今回は下からパチリ
2人とも、初のささ身も上手にモグモグしてくれました(^v^)
ちょっと大きすぎ?と心配していた人参も、モグモグしてくれてママも一安心♫


今回の感想は・・・・
○ゴックン期に引き続き参加させてもらいました。前回参加したおかげで、無事に離乳食をスタートでき、最近、おかゆ単品で食べてくれなくて悩んでいたため、実際の食事の場面が非常に参考になりました。
○学んだことをどんどん活用していきたいと思います。
○どのくらいのペースで進めて良いか分からず、7か月でもドロドロの離乳食を与えていましたが、今回参加させていただいて、しっかり形がある人参も上手に食べられることが分かり、実際に、離乳食を食べることができたので良かったです。
○うどんも、もうあげて良かったり、参加していなかったら、うどんをあげるのはまだまだ先になっていたと思います。
○本当に参加して良かったです。


いつ頃からどんな食材が使えるのか、どのくらいの大きさなら良いのか・・・・悩む時期ですよね。
特に大きさについては、ゴックン期は、基本ドロドロなので実はそんなに難しくないのです。
粒々加減を調整するモグモグ期が一番の『ヤマ』だと思います。


まずは、おかゆを5倍がゆに進めましょう!
そして、粒を残すようにしていきましょう!


食材も色々試していく時期です。
おかゆ以外にも、パンがゆやうどん!
たんぱく質は、お肉はささ身から、魚は赤身もOK、卵も卵黄からでスタート!
乳製品はプレーンのヨーグルトを!
野菜類は、葉っぱものにもどんどん挑戦!


色んな食材に触れる体験が大切です。
恐がらずに、色んな食材に挑戦してあげてくださいね。


進め方が分からない時は、いつでも相談してください(#^.^#)


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/