ママの笑顔が一番の美味しさの素♪ とわかっていても、毎日そんな訳にはいかないのが現実(^_^;)

ママも赤ちゃんもリラックスして離乳食(幼児食)を楽しめるお手伝いが出来れば・・・そんな思いを詰め込んでいます。

旬の話やわが家の苦労話(愚痴?)もあって盛りだくさん♪ 気楽に読んでくださいね(#^.^#)

2019年2月15日金曜日

バレンタインロールケーキ♪

昨日はバレンタインデー
ロールケーキを作って、久しぶりの手作りバレンタインでした(*^_^*)


お恥ずかしながら、手作りバレンタインって久しぶり(^_^;)
買い物に行くと、可愛いキャラクター物に惹かれて、つい買ってしまっていました。
中身よりも入れ物重視で(^m^)


昨日は、お友達に教えてもらったココア生地のロールケーキ作り
インフルエンザで出席停止中の肉食くんにもお手伝いしてもらいました。

卵の黄身と白身を分けてます
「やってみた~い」なんて言うけど、卵の黄身と白身を分けるなんて無理でしょ・・・・
と思ってたら、これが予想外に上手に出来てビックリ!
すこーし白身に黄身が混ざったけれど、スプーンでちょいっと退ければ問題ないくらい。


いつも離乳食の時に、「ママが思っているより子供は成長してますよ・・・」なんて偉そうに言ってるのに(^_^;)
うちの子も成長してました~


でも、ココアを生地に混ぜた途端、「チョコ味じゃない方が良いのになぁ・・・・」って。
この前、私のお友達と一緒に作ったチョコ味のロールケーキはお代りまでして食べたのに(+o+)


ってことで、ココアなしのプレーンタイプも作っちゃいました(^m^)
ダブルロールケーキ
フルーツいっぱいの生クリームをたっぷり
※レシピはクリスマスの時の米粉ロールケーキを参照してください。

生クリームを水切りヨーグルトにして、幼児さん用にも


ロールケーキの生地は薄いので焼く時間が短くて作りやすいですよ(^-^)
ロールにせずに、の型で抜いてそれを重ねてショートケーキ風にするのも良いですね


夕食は、インフル君が食べたいと言うラーメン。。。。
バレンタインバージョンにしてみました~(^。^)
かまぼこ入り
「母ちゃんのハートをパクッ」って言いながら食べてくれました
皆さんはどんなバレンタインを過ごしましたか~(^v^)

2019年2月13日水曜日

10か月でもおにぎりパクッ!

ツインズのママ友さんちの一番下の姫
10か月ですが、おにぎりをパクッと!
目隠しの下は可愛いカメラ目線
離乳食の進め方では、9~11か月のカミカミ期さんのご飯は『5倍がゆ~軟飯』
この時期、「お粥を食べない・・・・」という相談が多いのですが・・・・


写真の姫も、「最近お粥食べてくれないのよね・・・」とママ。
「そろそろ軟らかめのご飯くらいでも良いかもよ・・・」なんて話をしていたその日!
たまたま、大人のお昼用に持って行っていたおにぎりを食べていると、「ちょうだ~い」と手をのばし、ガブっと食べちゃったのです!


ママはビックリ!
でも、お口も上手に上下に動かして、しっかり噛んでいました~(^v^)


ほらね~ と得意気な私(^m^)
姫!ナイスタイミングでした


因みに、そのナイスタイミングは写真を取り損ねてしまったので、今日のは、後日、姫用におにぎりを作って再現してもらった写真です(^。^)


今までに個別相談に来てくれた赤ちゃん達も、10か月くらいになるとお粥を食べてくれない子が多くいました。
お話を聞いていると、お父さんやおばあちゃんがあげた普通のご飯は食べます・・・と。


その場合は、普通のご飯でOKと言うことです!
大人だって、普通のご飯が食べられるのに、ずっとお粥じゃ嫌になりますよね。


10か月くらいでお粥を食べなくなった時は、少し進めてみましょう。
お口の動きがしっかり出来ていれば、基本の進め方より早くても『お粥卒業』でOKです!(^^)!
そして、ドンドン手づかみで食べられるようにしてあげてださい!


わが家のツインズは、この頃、普通のご飯で、食べにくい時はおかずのお汁を少し足して食べる感じにしていました。
お粥を炊かなくて良いだけでも、ママの負担は随分と減りますよね(^v^)


お口の動きがOKかどうか不安な方は、個別相談で一緒に確認も出来ますので、気軽に申し込んでみてください
(個別ではなくなりますが)お友達同士で一緒に参加もOKです(#^.^#)


なお、前回のブログでお知らせしましたように3月から実習の曜日が変更になるのに伴い、個別相談の日程も、第2・第4の月曜と火曜に変更になります。
他の曜日を希望される場合は、要相談になります。
よろしくお願いいたします。
http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2019年2月9日土曜日

離乳食実習(モグモグ期)・・・モグモグさせて~♪

今日は水曜日のモグモグ期さんの実習のご報告(*^_^*)


この日はお友達同士で参加してくださったママさん達。
お二人とも、モグモグ期に入ってどのくらい進めて良いのかが難しい・・・・とのこと。
きっと、ほとんどの人が同じことで悩んでいますよね。


進めていかなくてはいけないけれど、オエっとなったら恐いし・・・・
お口の動きも、OKなのかどうかの判断が難しいし・・・・


モグモグ期ってホント、難しいんですよね(^_^;)


でも、実際に食べてみると・・・・
いつもより水分少ないお粥も
いつもより大き目の人参もささ身も
刻んだだけのキャベツも


ぜ~んぶ、モグモグしっかりお口を動かして食べてくれましたよ~
おいし~
「もっとちょうだ~い」ってアピールも(#^.^#)
ママ達も、「こんなに大きいのが食べられるなんて!」とビックリされていましたよ



今回の感想は・・・・
モグモグ期でどれくらいの大きさが良いのかわからず、インターネットなどを見て作っていました。が、実習に来て「もう少し大きく切った物でも大丈夫」と教えていただき、実際に食べてみて、「もっと進めて良いんだ。もっと食べられるんだ」と安心しました。
○実際に食べているところを見てもらえたのも良かったです。
○楽しい実習でした!ありがとうございました。
○本には書いていないことも、たくさん教えてもらえて良かったです。
○飲み込めなかったら・・・と、ついつい細かく食材を刻んでしまいますが、一緒に見てもらえると安心してステップアップもできました。
○具体的な調理器具や商品なども教えてもらえて助かります。
○ベビーと一緒に来てもすごしやすい環境で楽しく受けられました。


今回も赤ちゃん達がしっかり食べてくれたので、こんな大きくても食べられます!と言うのがよく伝わったと思います。
ありがとうね~


お家でママ1人の時だとなかなか進めにくいですよね。
実習なら、一緒に見ながら進められるので安心です(*^_^*)


いつもより大きな物を食べると、お口の動きもしっかりするので、モグモグしてる!っていうのも分かりやすくなります。
モグモグしながら食べられる大きさに進めていってあげてくださいね♫


お知らせ:
あおい小児科のホームページでもお知らせしていますが、3月から実習の曜日が変わります
・ゴックン期:第1・3月曜日 → 第1・3火曜日
・モグモグ期:第1・3水曜日 → 第1・3月曜日
よろしくお願いいたします<m(_ _)m>


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2019年2月8日金曜日

離乳食実習(ゴックン期)・・・ぜひ一緒に参加してください♪

更新が遅くなってしまいました。
子供の部活や学校の行事でバタバタしています(>_<)


子育てって、子供が小さくても大きくなってもなかなか大変ですね(^_^;)
でも、気分転換もしながら、楽しく過ごしましょう~
(と、自分にも言い聞かせている毎日です (^m^))


さてさて、今週はゴックン期さんとモグモグ期さんの実習がありました(*^_^*)
まずはゴックン期さんの報告から・・・・


今回は3組の赤ちゃんとママが参加してくれました
10日くらい前から開始した赤ちゃんと開始前の赤ちゃん。
すでに開始している赤ちゃんも、お家では裏ごししているとのことで、またまた実習では裏ごしなしに挑戦!


皆、嫌がらずに食べてくれました~(^v^)
大きな粒は上手に口から出します。
ホント、赤ちゃんのお口ってスゴイ!!


今回は食べているところを撮り忘れていたので、終わってから椅子の座り心地をチェックしているところのお写真

どの椅子が座りやすいかな~

わが家のツインズが使っていた椅子を実習でも使っています。
このタイプの椅子、使いやすいですよね。
使いやすいので、自宅用と実家用とで計4個もあったんです(^_^;)


ただ、実習でもお話していますが、欠点もあります。
椅子選び、しっかり噛んで食べるためには結構重要です。


さてさて、今回の感想は・・・・
○初めての離乳食なので分からない事ばかりでしたが、講習・実習を受けて多くのことを学ぶ事が出来ました。
○実習や写真・動画があったので、とても分かりやすかったです。
○モグモグ期もまた来させていただきたいと思います。
○離乳食について分からないことがたくさんあって、不安なまま進めていることもありましたが、何を聞いても、とても丁寧に教えてくださったので勉強になりました。
○他のお母さんともお話出来て、気分転換になりました。
○モグモグ期の実習も参加したいです。
○二人目の離乳食ですが、以前はダシのとり方が大変そうで、ダシを取り入れてなかったのですが、今回教えていただいて、簡単なダシのとり方も分かり、やってみようと思います。
○おかゆも今回はレンジでチンしたり、炊飯器でやってみようと思います。


気分転換にもなって、本当に良かったです(^。^)


今回は二人目のママさんも参加してくださっていたので、取り分けのお話の時も、上の子の分はこんな風に・・・というのも入れながらお話出来ました。
普段でもそのことはお話していますが、実際にこんな感じというのが聞けるので、他のママさん達にも伝わりやすかったのでは~


二人目って、経験しているからの先が読める余裕があるけど、一人目とは違う大変さもあり・・・・
そんな話をちょっと聞けるだけでも、一人目ママさんには良い刺激になると思います。


先輩の体験談はとても勉強になります!
私自身も、年齢が違う子育ての大変さを経験していないので、聞かせてもらって良い勉強になっています。
初めてのお子さんでなくても大丈夫なので、ぜひぜひ参加してくださいね


そして、子供さんも一緒に参加してください。
実習中にグズッてしまうと、落ち着いて聞けないこともありますが、やっぱり実際に食べてお口の動きを見てもらうのが一番!


私も毎回、可愛い赤ちゃんに会えるのが楽しみです(#^.^#)


モチロン、やっぱり一人でゆっくり聞きに行きたいという方は、それもOK!
一人になれる時間も貴重ですものね。


そんな時は、すでに開始している方はお家での食事の様子が見られるように準備していただければ、それを見ながらお話することも出来ますよ


またモグモグ期でもお待ちしております~(*^_^*)


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2019年1月29日火曜日

ダシラーメン♪

「ダシ」続きですが・・・・


わが家で今お気に入りなのが、ダシラーメン(^v^)
魚介のダシで作るラーメンです


お友達と行ったラーメン屋さんの魚介スープが美味しくて(*^_^*)
家でも作ってます!


昆布と煮干しのおダシ。
ラーメンなので、ちょっと濃い目のダシにしたいので、この時は煮干しと昆布の粉末も入れちゃいます。


煮干しの粉末
これ、離乳期でも使える粉末ダシ。
煮干しと昆布だけを粉末にした物です。
(○○エキス・・・なんて入っていませんよ!)


そして、そのダシで、野菜や豚肉を煮ると、具のうま味も合わさって美味しいスープに~
塩としょうゆで味付けすれば、ラーメン屋さんにも負けない(と思っている)ダシラーメンの完成!



野菜もたっぷりとれます
ラーメン大好きツインズも、「お魚の味がする~」と言ってモリモリ食べてます。
写真は父用の大盛りサイズ。
野菜たっぷりで、野菜のうま味もしっかり出てます。


今の時期、白菜と豚肉のラーメンは最高に美味しいですよ~(^。^)
寒い日が続いていますので、美味しいダシラーメンであったまりましょう

2019年1月23日水曜日

食欲がない時にも、やっぱり「ダシ」

昨日の投稿、タイトルの日本語がおかしかったので、慌てて訂正(^_^;)
気付いた方、ププッと笑ってやってくださいね。


さてさて、年明けはダシの話題が多いですが、今日もダシの話。
昨年、キッズケア青い鳥のブログで、キッズランチの美味しいダシの話が出ていました(^。^)
https://kidscare-aoitori.blogspot.com/2018/12/blog-post_13.html


発熱や嘔吐下痢など、いろんな症状の子供さんが来られるキッズケア青い鳥。
皆に食べやすく、美味しいものと言えば・・・・で考えたレシピは、やっぱり美味しいダシを使った料理


うどんと雑炊は、昆布とかつお節でとったダシで良い香りと優しい味ですよ~


ダシの香りは、食欲をアップさせてくれます。
良い香りで「美味しそう」と唾液が出てくると、胃腸の消化液も出る準備OKになるそうです!


離乳食実習のある日は、キッズランチのダシは私が担当。
と言うよりも、最初は、実習でとった美味しいダシ、キッズケアに来ている子供達にも使って欲しいと、多めに作って使ってもらっていたのです。


でも最近は、キッズケアの利用者が増えたので、別のお鍋でとっています。
その時も、私がする時は、この方法(*^_^*)
美味しいおダシ出てますよ~
濾し器を先にセットして、後で濾す手間を省略(^m^)


他の人が担当の時は、お茶パックに刻んだ昆布とかつお節を入れた、お手製のダシパックでダシをとっていますよ!


胃腸の調子が悪くて食べられない子も、ダシだけでも飲んで水分、ミネラル補給。


ずっと前にこのブログでも書いたことがありますが、スポーツ飲料などがなかった時代、調子が悪くて母乳も飲めない子には『ダシ』を飲ませなさい!と言われていたそうです。


少しおみそを溶いて、薄いみそ汁にしてあげると、みその発酵パワーが胃腸の調子も整えてくれます!
胃腸の調子が悪い時、スープやポタージュを作る時は、塩味よりもみそ味にしてあげるのがおススメです。


わが家も朝ご飯には、ほぼ毎日みそ汁。
起きるのが遅くて朝ご飯を食べる時間がなくても、「みそ汁だけは空っぽにしなさい!」
「えー」って言われますけどね(^_^;)


この言葉のありがたさに気付くのはまだまだ先。
大人になってから感謝しなさいよ~!と思いながらです(^v^)


まだまだ寒い日が続いて、体調管理が難しいですが、美味しいおダシでしっかり食事をとって元気な体をキープしましょうね
http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2019年1月22日火曜日

離乳食実習(ゴックン期)・・・授乳のリズム、意識していますか?

昨日はゴックン期さんの離乳食実習でした(#^.^#)
4か月さんと5か月さんが参加してくれました。
お粥をつぶします
お一人は、上の子供さんの時も離乳食相談に参加してくださったとのこと。
その頃は、1階のスタッフルームでこじんまりと、でもほっこりとしていて、そんな懐かしい話もしながらの実習。


上の子供さんの時は、実習形式ではなかったのですが、今は実習あり、試食ありで、お母さんに伝わりやすい内容に進化していたかな。


今回の感想は・・・・
○3人目なので、離乳食は初めてではないのですが、上の子2人ともあまりスムーズに進まなかったので、基本からもう一度教えて頂こうと思って、今回実習に参加しました。
○授乳のリズムをある程度整えてからスタートすることが大切ということや、自分達の食事作りと並行して離乳食ができるやり方も教えて頂けて、参考になりました。
○初心に戻って、離乳食作り、楽しく頑張ろうと思います。ありがとうございます。
○初めて離乳食実習をして、色々な不安なことを資料や動画などで分かりやすく教えてくれて良かったです。
○初めて10倍がゆを食べてお口の動きも見てもらえて、子供もちゃんと「ごっくん」でしてくれて嬉しかったです。
○後はお母さんのタイミングで食べさせたら大丈夫と言ってくださったので、頑張ってスタートしてみようと思いました。
○手早く作る方法など、教えて頂けたので実践してみようと思いました。ありがとうございました。


3人目で、離乳食自体は3回目でも、一人一人違うので、その都度、初心に戻ってするのが大切ですね。
しかも、上の子がいると、一人目の時のようにじっくりとはいかないと思いますので、違う大変さも・・・(^_^;)


ただ、じっくりすぎても、お母さんが疲れすぎたりすることもあるので、ほどほどが一番です!
疲れそう・・・と思ったら、モグモグ実習もありますので、息抜きしに来てくださいね(*^_^*)


今回も、2人とも10倍がゆは裏ごしなしでOK!
4か月さんは、スプーンの様子を見たかったので、2口だけ頑張ってもらいました。
嫌がらず、素敵な笑顔で食べてくれました(^-^)


5か月さんも自分からお口を開けて、大きな粒は上手に口からだしてくれました。
2人とも、いつでもスタートOKです


ゴックン期の実習でいつもお話しているのが、授乳のリズム。
産後は「泣いたら授乳」ですが、そろそろリズムを意識する時期です。


授乳の間隔、3~4時間くらいあいていますか?
離乳食を始める頃に、授乳のリズムが整っていると、2回食、3回食とスムーズに進みます。
お腹の空くリズムが出来ていると、離乳食もしっかり食べてくれます。


そろそろ離乳食かな・・・・と、思う頃には、授乳のリズムも意識していきましょう


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2019年1月18日金曜日

ダシカフェ風に・・・・


年明けに書いた「ダシカフェ」、お家でやってみました(*^_^*)
ダシとおせんべいセット

茶漉し付きのポットに、昆布とかつお節、そして干しシイタケの粉も入れて。
熱湯を注げば、ダシの良い香り~(^。^)


少しむらしてからカップに注げば出来上がり
ついでに、いただき物のおせんべいを付ければ、家事の合間のつまみ食いもちょっとオシャレに(^v^)


干しシイタケの粉を加えると、少し甘めのおダシが出来ました。
ダシに、お好みでほんの少しお醤油を加えても美味しいかも~
梅こぶ茶みたいに、あられを少し浮かべても良いかも~♫♫


この方法でダシをとれば、火を使わなくても良い具(カットワカメや麩など)を加えて、すまし汁も簡単に出来ちゃいますね(^m^)
茶漉し付きなら、おみそを入れてポットを振り振りしてたら、おみそ汁も出来そうですしね!


広がっていくな~ダシの使い方(^。^)


実は先週、肉食くんが風邪を引いてしまって、あおい小児科を受診。
その時に、青井先生ともダシの広め方についてお話して、「ダシカフェが流行れば、若い世代もダシのイメージ変わるかもしれませんね。」なんて言ってたんです(^-^)


子供の診察なのにね(^.^)
肉食くんはだたの風邪だったので、お薬頂いてすぐに良くなりました。
毎朝のみそ汁の発酵パワーのおかげですかね


お子さんが体調不良の時にも、ダシは優しい味で飲みやすいので、水分補給におススメです。
インフルエンザが流行っていますので、高熱で食欲がない時、ダシだけでも良いですし、お粥にしたり、お茶漬けのようにご飯にかけてあげても食べやすいと思います。



コーヒーが大好きなくせに飲みすぎると胃がやられてしまう私は、普段、家ではカフェインレスのコーヒー。
ダシならもちろんカフェインレスだし、コーヒーよりもリラックス出来そう
お子さんと一緒にも飲めますしね♪♪



お家ダシカフェ、ぜひお試しください~(*^_^*)

2019年1月15日火曜日

白玉ぜんざい

鏡開きの前に載せようと、早々に写真を準備していたのですが・・・・(^_^;)


ま、寒い日はまだまだ続くので、おやつにどうぞ と言うことで(^。^)


お餅は喉につまりやすいので、小さい子供や高齢者はちょっと危険・・・・
なので、食べやすい白玉団子でぜんざいを作ります


ただし、ごめんなさい、離乳期の赤ちゃんにはちょっと無理(>_<)
パクパクしっかり噛めるようになった1歳以降のおやつにどうぞ


ぜんざいも、小豆から煮るのは無理!という方のために、あんこを使って簡単に作りますよ(^-^)


【作り方】
①白玉粉と豆腐をボールに入れて手で練ります。
 (一人分で白玉粉20g、豆腐20gくらい)
白玉粉と豆腐はだいたい同じ量

②耳たぶくらいの軟らかさになったら、食べやすい大きさに丸めて熱湯でゆでます。
 ※ベタベタするようなら白玉粉を追加、固いようなら水を追加して調整してください。
 団子が浮いてきたらさらに1分くらいゆでて、水に取ります。



ゆでた後、水にとります


③あんこを同量の水で溶かして沸かします。
 その中に、白玉団子を入れて、1~2分煮ます。
白玉粉に味がしみる様に煮ます


④簡単白玉ぜんざいの完成~(^。^)
団子たっぷり
この白玉団子、まとめて作っておけば冷凍保存OK!
自然解凍して使ってください。
白玉は、ぜんざいだけでなく、いも炊きなどに入れても美味しいですよ~(#^.^#)


豆腐がなければ、水で練ったのでもOKです。
ヨーグルトで練ってもOK。
色んな味のヨーグルトで作ると、カラフル白玉に


でも、豆腐で練ったのが一番やわらかく出来ます(^。^)


あんこはお好みの物でOK。
わが家は粒あん派なので、粒あんでぜんざいに。
こしあんが好きな方は、おしるこで~


市販のあんも、お値段色々、中身も色々・・・・
できれば、小豆と砂糖の安心材料で作られている物を選んであげてください。


小豆から煮てみようと思う方、小豆は新しい物を使いましょう。
古い物は煮るのに時間もかかるし、少し固くなります。
年末に実家からもらってきた年代物の小豆は、頑張ったわりにはイマイチのでき・・・(^_^;)
(小豆のせいにしときました(笑))


昨日はわが家はちょっと遅い鏡開きで、お餅のぜんざいでした。
「甘くてあったか~い」と大喜びのツインズ。


インフルエンザも流行ってきているようですし、あったかい物を食べて体を温めて、体調崩さないように気をつけましょう!

2019年1月13日日曜日

離乳食実習(モグモグ期)・・・成長に合わせてステップアップ

今年の仕事始めはモグモグ期さんの実習でした(#^.^#)


一組だけの参加だったので、マンツーマンでじっくりゆっくりお話しながら、ママさんの悩み事を少しずつ解決。
モグモグするぞ~♪
あまり食べてくれないとのことでしたが、食欲ありそうに手も出てきていたので、人参スティックに挑戦!
7か月さんでしたが、なんと、自分で口に運んで上手に食べてくれました~(^v^)
お口の動きも、人参スティックにすると、上下にも動いて、カミカミの動きも♪


お家でも少しずつステップアップしてくださっていて、7倍がゆをつぶさずにあげているとのことでしたが、当日は、5倍がゆでも問題なし!


自分で食べる方が楽しそうなので、少しずつ水分を減らして、自分で持って食べられる物を増やしていきましょう


今回の感想は・・・
○心配に思っていることや分からないことを一つ一つ丁寧に教えていただき、ありがたかったです。
○実際に作ってみたり、食べているところも見てもらったりしたことで、とても分かりやすい実習になりました。
○子どもも、普段とは違って手づかみで人参を食べるなどがあったので、楽しんでいたように思います。
○「上手に口が動いている」と言っていただき、嬉しかったです。
○これからは、取り分けをうまく活用していきたいです。


自分で食べる方が楽しんで食べられますよね(^。^)
散らかるのは仕方ないですが、楽しく食べるとしっかり口も動いて食べてくれます。


育児書通りではなくても大丈夫!
子どもさんの成長に合わせてステップアップしていきましょう♫


でも、お家で一人で挑戦はちょっと心細い・・・・と言う方は、実習で色んな食べ方に挑戦していきましょう(^v^)

2019年1月7日月曜日

ダシカフェ

先日、愛媛新聞に、松山市出身の方が、東京でダシを使ったカフェをオープンして人気を集めているという記事が掲載されていました。


4月に、このブログに「DASHI」のタイトルで書いたのと同じ、ダシをコーヒーのようにドリップして作る方法でした。


その方のダシは、昆布やかつお節、煮干しだけでなく、野菜やキノコの粉も加えて、色んな味を提供しているとのこと。
想像しただけで、美味しそ~(^v^)


ダシももっと色々研究されて、気分や体調によって、このブレンドが良いですよ
なんてのが出来ると、よりダシの良さが広まって素敵ですよね~★★★


ダシは、まず香りでリラックス効果があるので、働き盛りのストレス多い世代にも良いですしね。
私も何かもっとダシの良さを広めたいな~(#^.^#)


離乳食だけでなく、大人にもダシが良いんだよ!って伝えられるように、今年もダシ普及活動、頑張るぞ!

2019年1月4日金曜日

あけましておめでとうございます♪

すっかり更新が遅くなってしまいました(^_^;)
年末から色々とバタバタしてたら、あっという間に年が明けていましたね。


年末には、お正月のしめ縄飾りをママ友たちと作ったり、門松を友人と作ったり・・・・


手作りしめ縄&門松でお正月~


なかなか素敵でしょ
因みに、ドアの所に飾っているしめ縄は、工作大好き草食くんの作品です(*^_^*)
初めての挑戦で、なかなか難しかったのですが、諦めずに仕上げましたよ


因みに因みに、お飾りのウラジロの葉や門松の南天たちも、山に取りに行きました。
私の実家の恒例行事です。
こちらは、もう一つのブログの方に載せますね。
田舎満喫の行事に興味のある方は見てみてください~(^。^)


そして、年が明けたらお正月っぽく凧あげ~
すんごい上がりました!
良い感じの風が吹いてて、びっくりするぐらいあがりました(^v^)
去年は風のない日に、ひたすら走り回ってたのに・・・・


この凧、五十崎町の凧合戦を見に行った時に買った『和凧』です。
だから、よく上がったのかな(^。^)


年末年始を満喫して、リフレッシュ!
離乳食とは関係のない内容ですみません(^_^;)


今年も離乳食に悩むママさんが、笑顔になれるように頑張ります!(^^)!
よろしくお願いします



2018年12月24日月曜日

オリジナルサンドイッチと手作りプリンでクリスマス♪

メリークリスマス(*^_^*)
3連休、色んなところでクリスマスのイベントが開催されていますね


わが家は土曜日に『つどい場だんだん』さんのクリスマス会に参加してきました(^。^)
下は5か月の赤ちゃんから、上はツインズのおばあちゃんまで。
まさに、赤ちゃんからお年寄りまでつどえる場所になっていました


初めての場所で、ちょっとドキドキしていたツインズですが、サンドイッチの具のハムや卵焼きを切らせてもらったり、プリンの液を混ぜ混ぜするのを手伝わせてもらったりで、すぐに楽しく(^v^)


クリスマスツリーの工作をして・・・・


好きな色紙を貼って作ります

絵本「クリスマスの12日間」のお話の踊りを楽しんで・・・・
夢中でおどってます
ランチは、具をお好みで挟んで、オリジナルサンドイッチ!
肉食くんスペシャルサンド(ハムと卵焼きばっかり)をガブっ
デザートは、手作りプリンに、だんだんさんのお庭で採れたさつまいものクリームとイチゴをトッピング
草食くんの大好きなイチゴ~
サンドイッチは、パンと具を色々のせたお皿を置いて、自分達で好きな具を挟みました。
自分で挟むの、楽しくてとっても良いですね~
実は、メニューを知らなかったので、朝ごはんもサンドイッチだったのですが、家で食べるより楽しそうでしたよ(*^_^*)


年齢に合わせて、パンや具の大きさを調節してあげれば、幼児さんでも楽しめそうです


卵はゆで卵をつぶした卵サラダにするとポロポロ落ちるので、卵焼きで。
なるほど~と、勉強になりました
自分で挟んでガブっとしてくれるなら、作る手間も楽になるし。
わが家でも次から真似しましょ(^m^)


『つどい場だんだん』さんは、色んな人がつどえる場に・・・とオープンした場所だそうです。
お年寄りとの触れ合いも出来るのが、ステキだな~と思いました。
田舎のおばあちゃんが孫と遊んでるような・・・
私も将来、こんなステキな場所を提供できるようになりたいな~と思えるような、ほっこりできる場所でしたよ
赤ちゃん広場に行くような感じで、お邪魔してみては(#^.^#)