ママの笑顔が一番の美味しさの素♪ とわかっていても、毎日そんな訳にはいかないのが現実(^_^;)

ママも赤ちゃんもリラックスして離乳食(幼児食)を楽しめるお手伝いが出来れば・・・そんな思いを詰め込んでいます。

旬の話やわが家の苦労話(愚痴?)もあって盛りだくさん♪ 気楽に読んでくださいね(#^.^#)

2018年6月14日木曜日

夏風邪に注意!・・・・食べやすい雑炊の作り方

あおい小児科のホームページ「院長からのひとこと」にもありますが、高熱が出る夏風邪が増えてきているようです。
http://aoi-kids.jp/


わが家の草食くんも、先週、夜に40℃の熱が出てしまいました(+_+)
次の日には熱は下がって元気になりましたが、子どもって夜、急に熱が高くなることがあるからビックリしちゃいますね。


熱で体が弱っている時は、水分補給をしっかりして、消化の良い物を食べさせてあげましょう。
量は食べられる分だけで大丈夫です。


そんな時のおススメは『雑炊』
ご飯で糖質補給。
卵を入れたり、ささ身を入れたりしてたんぱく質も。
お野菜を入れると、ビタミンもOK


卵ぞうすい
具材は小さめに切ってあげましょう。
たんぱく質は、卵や鶏のささ身、白身魚などがおススメ。
ささ身、人参、じゃがいも、小松菜です。
緑黄色野菜に多いビタミンAは免疫力をアップさせてくれるので、具に入れてあげましょう。
ほうれん草は下ゆでしてから加えますが、小松菜なら、生のまま加えたのでOK(^v^)
軟らかく煮てあげましょう。


ご飯とおダシの割合は、ご飯1に対しておダシが2。
計量がめんどうな場合は、お茶碗半分のご飯に、おダシがお茶碗半分の2回分…って感じでざっくりでも大丈夫(#^.^#)


お水じゃなくておダシにしてあげてくださいね~。
美味しい雑炊ができますから
お鍋に水と昆布やかつお節を入れてグツグツ煮て、良い香りがしてきたら網ですくえばおダシの完成です(*^_^*)


味に変化が欲しい時は、トマトと粉チーズで洋風に
リゾット風
お味噌で味付けするのも良いですね
お味噌などの発酵食品は、腸内環境を整えてくれるので、消化に良いだけでなく免疫力もアップさせてくれます。


お熱だけでなく、嘔吐下痢など胃腸が弱っている時、喉の痛みがひどくて普通の食事が飲み込みにくい時、咳がひどいときなども、雑炊が食べやすくておススメですよ。


雨でジメジメしたり、急に暑くなったり、変な気候が続いていますので、お子さんもママさんパパさんも、体調管理に気をつけましょうね!