ママの笑顔が一番の美味しさの素♪ とわかっていても、毎日そんな訳にはいかないのが現実(^_^;)

ママも赤ちゃんもリラックスして離乳食(幼児食)を楽しめるお手伝いが出来れば・・・そんな思いを詰め込んでいます。

旬の話やわが家の苦労話(愚痴?)もあって盛りだくさん♪ 気楽に読んでくださいね(#^.^#)

2018年5月25日金曜日

取り分け離乳食~チキンナゲット~

わが家のチキンナゲット
盛り付けが雑ですみません(^_^;)
チキンナゲット
鶏胸のひき肉に豆腐を混ぜて作ります。
鶏胸肉を包丁でたたくと、食感のあるチキンナゲットが出来ますよ(*^_^*)
マヨネーズをかくし味に入れてよく練ったら、小麦粉の代わりに生大豆粉を付けて油で揚げます


生大豆粉は、郷土料理のいぎす豆腐を作る時に使いますが、わが家では揚げ物の時は、小麦粉の代わりに登場します。
その名の通り、生の大豆を粉にしたものです。


育ち盛りのツインズに少しでもたんぱく質を!
そして、もうあんまり育ちたくない大人には糖質オフで!!
気持ちだけですけどね(^m^)



さてさて、こんなチキンナゲットの取り分け離乳食は、想像しやすいですが・・・・
○ゴックン期・・・・豆腐のすりつぶし、ブロッコリーのすりつぶし
 (ごめんなさい、写真なしです(__))


○モグモグ期・・・・豆腐、ひき肉、ブロッコリーの合わせ煮
ダシで煮るだけ
○カミカミ期以降・・・・おやき
 (チキンナゲットの材料を焼いただけ)

青のり散らしてみました
カミカミ期以降は、モチロン小さ目のチキンナゲットでもOK
付け合わせのブロッコリーも、手で持ちやすい大きさに切ってそえてあげましょう。


因みに、1枚目の写真の付け合わせ、ブロッコリーの隣にいるのは、「ミケランジェロ」という野菜。
5月15日のブログに書いた、ほぼ農家の友人に頂きました。


見た目ブロッコリーですが、実はカリフラワー!
食べてみると、確かにカリフラワー!!


わが家で初の「ミケランジェロ」。
何でも食べたがる肉食くんは「何これ~」と言いながらパクッと。


でも、慎重派の草食くんは、大好きな野菜でも、初物はまずスルー。
次の日の朝ごはんにも出して、「カリフラワーだから食べてごらん」というと、やっとパクッと。
ひと口食べると、安心して残さずペロり。


子どもの食べ方って色々ですね(^。^)
晩ご飯で食べなかったおかずを、次の日の朝ごはんに出すと、何故かペロッと食べてくれたり。


食べなかったらからといって、「この食材は食べない」と決めつけないで、忘れた頃に出したり、何度も出して見慣れさせてみたり、諦めずに試してみてくださいね~