ママの笑顔が一番の美味しさの素♪ とわかっていても、毎日そんな訳にはいかないのが現実(^_^;)

ママも赤ちゃんもリラックスして離乳食(幼児食)を楽しめるお手伝いが出来れば・・・そんな思いを詰め込んでいます。

旬の話やわが家の苦労話(愚痴?)もあって盛りだくさん♪ 気楽に読んでくださいね(#^.^#)

2018年1月31日水曜日

最初の一口

離乳食経験者の皆さん、最初の一口、覚えていますか?
マニュアル通り説明すると、
 ①口を開けた時に下唇の上にスプーンをのせる。
 ②口を閉じたら、スプーンをそっと引き抜く。


そんな上手くいきました?


わが家のツインズは、スプーンの練習は一切してなかったこともあってか、スプーンを下唇の上にのせても、「何が始まるの?」みたいな顔で、口を閉じてくれませんでした(^_^;)
こんな感じの顔
「聞いてたのと違うなぁ・・・」とちょっと焦る母。
しばらく待っても口を閉じないので、お粥をそっと口の中に流し込んで、お口のまわりをツンツン。
するとやっと、口を閉じて「お!何か口の中に入って来たぞ!」の反応。


(この様子は動画に撮ってあるので、ゴックン期の実習の時に見てもらっています。時間の都合で見てもらえないこともありますが<m(__)m>)


問題なく一口目から「パクッ」と出来る子もいますし、この差は何なんでしょうね?
わが家のツインズは、2人とも一口目は同じ感じでしたが、二口目からは反応が違っていました。
1人は一口目と同じく「また何かきたぞ」の反応。
もう1人は、美味しかったのか自分から口を開けてくるように。


1人1人反応が違うんだな・・・・というのがリアルタイムで解るのが双子の良さですかね(*^_^*)
そんな双子あるあるも今後時々載せていきますね

http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/